人間のすごいところ

人間のすごいところ

人種を越えて仲良くできるところ

攻撃し合わなくても話し合いできるところ

他人のことを理解しようと努力できるところ

ものとごとを、他人の立場からもとらえることができるところ

問題を、改善のチャンスととらえることができるところ

困っている他人を見捨てない優しさを持てるところ

どんなに遠くにいる人でも助けを差し伸べられる技術を開発し、それを使えるところ

ひとつひとつの命が尊いということを認識できるところ

謝ることができるところ

許して建設的になれるところ

 

より良い世界を作っていこうと、協力し合えるところ

 

みんなで人間らしい人間になろう

ノイエンガンメ強制収容所 Neuengamme Concentration Camp 

438

ナチスドイツの強制収容所では、アンネの日記で知られるアウシュヴィッツ強制収容所が主要なものかもしれないが、ナチスドイツはドイツだけでなくヨーロッパ中にいくつも(50以上)強制収容所を持っていた。主にユダヤ人とロマを絶滅させるための絶滅収容所として機能した収容所の他に、戦時中の厳しい経済を支えるために収容者を悲惨な環境で働かせていた労働収容所があった。
Probably a number of people have heard of Auschwitz concentration camp from The Diary of Anne Frank, but that is not the only one Nazi concentration camp. Nazi Germany had more than 50 concentration camps all over Europe. There were extermination camps that were used to exterminate especially Jewish and Roma, and labor concentration camps that prisoners were made to work in tragic condition for harsh war economy.

ガス室のない労働収容所でも、殺人的な労働環境で、数では絶滅収容所並みに収容者が亡くなっている。
Even in labor concentration camps without gas chamber, as many prisoners as those killed in extermination camps died because of their murderous life and work environment.

今回は、労働収容所のひとつであるノイエンガンメ強制収容所を紹介する。
Here, I am going to introduce a labor concentration camp, Neuengamme Concentration Camp.

309

ノイエンガンメ強制収容所は、ザクセンハウゼン強制収容所の付随収容所として1938年にSS(ナチス親衛隊)によって設立されました。1940年には独立した強制収容所となり、1945年の終戦までドイツ北西部の主要な強制収容所として機能し続けました。

戦時中はゲシュタポ(秘密国家警察)とSSセキュリティサービスがヨーロッパのドイツ領から次々にユダヤ人などが送り込まれました。ほとんどの人は、ドイツの支配に抵抗した、奴隷になることを拒否した、また人種的な迫害による被害者だったため強制収容所に収容されました。

ノイエンガンメ強制収容所と、ドイツ北西部中に建設業務と軍事産業のために設立されたその85以上の付随収容所では、囚人たちは戦時中の経済を支えるために厳しい労働を強いられました。収容所での生活・労働環境は殺人的で、少なくとも42,900人以上の人がこれらの収容所で死んだと言われています。強制収容所が撤去されたときにの死の行進や、囚人を乗せた船が爆撃されて死んだ人も大勢います。ノイエンガンメからほかの収容所に移されて死んだ人も、また戦後、監獄が原因で死んだ人もいます。
(ノイエンガンメ強制収容所Webサイトより。http://www.kz-gedenkstaette-neuengamme.de/en/history/concentration-camp/)

At the end of 1938, the SS established a satellite camp of the Sachsenhausen concentration camp in an abandoned brick factory in the Neuengamme suburb of Hamburg. In the early summer of 1940, Neuengamme became an independent camp, and it remained the main concentration camp in north-west Germany until 1945. During the war, the Gestapo (secret state police) and the SS security service sent tens of thousands of people from across occupied Europe to Neuengamme concentration camp. Most were imprisoned because they had resisted German occupation, because refused to perform slave labour, or because they were victims of racial persecution.

In Neuengamme concentration camp and its more than 85 satellite camps, which were established all over northern Germany for construction projects and armaments production, prisoners had to do hard labour for the war economy. Living and working conditions were murderous. Altogether, at least 42,900 people died in the Neuengamme main camp and satellite camps, or they died on the death marches when the camps were evacuated or when the prisoner ships were bombed. Another several thousand prisoners died after they were transported from Neuengamme to other concentration camps, or they perished after the war from the results of incarceration.
(From Neuengamme Concentration Camp Website: http://www.kz-gedenkstaette-neuengamme.de/en/history/concentration-camp/)

297

建物はこのように粉々に崩されてしまっているものが多い。ノイエンガンメ強制収容所の説明員によると、
そこで行われていたことを隠蔽するためというのが理由のひとつらしい。
Most buildings are collapsed like this. According to an explainer in Neuengamme Concentration Camp, some are broken down to hide what were done in the camp.

証拠隠滅ということは、彼らは自分たちがしていることが罪だと知っていたということだろうか。悪が広く認められてしまう、他者を気づ付けることが平気になってしまうというのは、いったいどのような狂気なのだろう。
Destruction of evidence means Nazi knew what they were doing was a bad sin? How is it possible that sin receive wide recognition and people get used to hurt others?

299304314315325391397400408409423431433435437

 

ノイエンガンメ強制収容所 Webサイト:
http://www.kz-gedenkstaette-neuengamme.de/en/history/concentration-camp/

 

(筆者がNeuengamme concentration campを訪れたのは、2014年8月。)

5月6日はみずがめ座流星群 Aquarids on May 6th

shooti star

5月6日の0時頃は、みずがめ座流星群のピークです。今年はこの日新月に近いため、日本では空が暗いところでは一時間に肉眼でも10個くらい、よく見えるそうです。
(参照 : http://www.amro-net.jp/meteor-info/05_aqreta_j.html)

0 am on May 6th is the peak of Aquarids this year. It is almost new moon, so you can see around 10 shooting stars an hour even with your eyes under dark sky.

流星は宇宙の塵が地球の大気に入って燃え尽きるときの光です。
地球は太陽の周りを公転していて、その通り道には塵が集まっているところがあります。
地球は一年かけて太陽の周りを一周するので、毎年決まった時期に流星群が観測できます。
Shooting star is light of a particle when it burns out in atmosphere of the earth.
The earth revolves around the sun, and there are some collective particles like dust on the way of its revolution.
The earth takes one year to travel one cycle, so we can observe meteor shower at certain periods every year.

今回のみずがめ座流星群は、南半球の方がずっとよく見えるそうです。
Aquarids can be observed better in the southern hemisphere.
みずがめ座の辺りから流星が飛んでいるように見えるから、みずがめ座流星群。
Since shooting stars fall from around Aquarius, it is called Aquarids.

空がせまい東京にいると、空を見上げるのを忘れがちになってしまうのですが、
最近東京スカイツリータウンにあるプラネタリウム、「コミカミノルタプラネタリウム天空」に行ってきました。
I recently visited a planetarium in skytree town in Tokyo.

Small sky of Tokyo makes people forget to look up the sky,
but it reminded me of how wonderful the universe, the nature, is, as much as I cannot express.
宇宙という自然の素晴らしさ、地球の美しさに感動したのは言葉では表しきれないくらいですが、

私たちが今得ているものは、40年前東京で天の川がまだ見えていた夜空の癒やしに勝るのだろうかと疑問に思いました。
The Milky Way is not observable in Tokyo anymore, but it was, 40 years ago. The life in Tokyo is very convenient and there are too many lights day and night today. People feel getting a lot in this life, but I wonder if it is really more than the beauty of the Milky Way and the healing and knowledge which stars give us.

なるべく電気を消そう、なるべく空をきれいに保つ努力をしようと、思わされました。
Putting efforts to keep the beautiful sky clean such as turning off lights as much as possible gives you natural benefits.

壊さない、「持続可能」、壊したら直す。
“Sustainable” is a keyword.

砂川闘争の現地を歩く Walking Event in the History of Sunagawa Struggle

4月17日(日)に、砂川闘争の史跡を歩くツアーが開催されます。
Let’s walk on the history of Sunagawa Struggle!

闘った人々が寄り集まった場所や、応援に来た学生たちのためにあった青年の家、米軍基地拡張予定地などを廻ります。
You will visit where people gathered to fight, a house for students who came to support the struggle, the expected lands which were going to be expanded as US military base, and so on.

 

12829462_1056314574431501_3158938884258083801_o

途中途中、砂川闘争に実際に参加された人や、今も砂川で平和利用のために土地を守り続けている人のお話を伺います。
On the way, you meet people who fought in Sunagawa Struggle and people who are still protecting the land for its peaceful use.

歩いた後には、すいとんを食べながらの懇談もあります。
You can enjoy “Suiton,” something like Japanese pasta or soup at the end of the tour.

どなたでもご参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。
Everybody is welcome and I am looking forward to seeing you there!

日時:4/17(日)9:30~12:30
集合場所:砂川学習館前(立川市砂川町1-52-7)
(立川駅からバスを使えます。砂川四番に止まるのにお乗りください。)

Date: April 17th, Sunday
Time: 9:30~12:30
Meet up at: in front of Sunagawa Gakushu-kan
1-52-7 Sunagawa-cho, Tachikawa-shi, Tokyo
(There are buses from Tachikawa Statoin. Please take which stops at Sunagawa-Yonban)

12829136_1056323944430564_70692252116231767_o

支援の力 Power of Support 

ガザ
(写真:The Wall Street Journalより。Photo from The Wall Street Journal)

3月5日に、 パレスチナ子どものキャンペーン主催の講演会 「ジャーナリストの見た支援現場~日本のNGOとシリア難民・パレスチナ難民支援」に参加してきました。
There was a presentation of a journalist Yasunori Kawakami, a former head of middle east Africa division of Asahi newspaper, on support of Japanese NGO for Syrian and Palestinian refugees.

スピーカーは元朝日新聞中東アフリカ総局長の川上泰徳さん。講演では、川上さんが見た、パレスチナ子どものキャンペーンによる主にパレスチナのガザ地区にあるのろう学校支援が報告されていました。
Mr. Kawakami talked his observation on activities of an NGO Campaign for Children in Palestine. He mostly talked about situation of school for the deaf in Gaza Strip in Palestine.

頻発している戦争や紛争によって、パレスチナ・ガザ地区では現在2万戸以上が崩壊したままになっており、それも、空爆をしたイスラエルの承認が無いと再建が出来ないそう。そこで生まれた子どもたちは、生まれて間もない頃から戦争と、薬物依存やDVなどそれに由来する様々な社会問題の中で暮らしています。パレスチナ子どものキャンペーンは、そんな子供たちのために参加型の児童館を運営するなど、そのような人々や難民支援を、現地の人々が望む形で提供するように心掛けているといいます。例えば、食糧支援ですが、こちら本位でとりあえず缶詰めなどを送っても、文化の違いなどで食べられなかったら、現地の人たちはその缶詰はお金にするために売ってしまうらしいです。パレスチナ子どものキャンペーンでは、現地の人たちの声を聞き、ガスコンロを届けているといいます。本当に相手のためになる支援をいざというときに出来るためにも、日ごろからの交流が大切だと思わされました。

More than 20,000 houses still remain collapsed in Gaza Strip, and Israel, which bombed the area, have the control over reconstructions of the area. Israel arrows Palestine to rebuild only 1500 houses a year. Children born in this area live with wars, conflicts, and other social problems derive from them such as drag dependence and domestic violence, from their born. CCP organizes a participatory children’s house for such children. Like that, CCP tries to provide appropriate support which really helps people in need. For example, CCP does not just send cans for food supply because cans might not help refugees because of cultural differences and so on. It happens that refugees sell cans when they cannot eat them. Instead, CCP sends gas stove so that refugees who does not have their home can cook. To be able to help in the most desirable way even in the time of unexpected disaster, regular interaction is very important, I felt.

また、パレスチナ地域では、聴覚障害者の割合が7/1000であり、世界平均の1/1000の7倍になっているそうです。原因としては、戦争の絶えない悪環境と、文化的な近親者間結婚が考えられるといいます。パレスチナ子どものキャンペーンが支援するアトファルナろう学校が1992年に設立されてからは、聴覚障害者に対する理解が深まってきているというのは興味深かったです。

In Palestine area, 7 people in 1000 people have hearing difficulties. This number is 7 times as much as the world average. There are two possible reasons. One is disastrous environment with continuous wars and the other one is Islamic culture of marriage with close relative. Since Atfaluna Society for Deaf Children was established in 1992, they have been successfully gaining understanding from society.

今回は印象的だったことをシェアしたいです。それは、政治的支援と人道的支援とがあるが、人道的支援の意義です。問題を根本的に解決していくには、抑圧している側を変えなければいけないというのがそれまでの私の認識だったのでした。実際に困っている、抑圧されている側を支援することによって、特に子どもを支援することによって、支援されている人がより良い未来を作り出すということです。抑圧されていてそこから救われない人は、されていることと同じことをしてしまうかもしれないけれど、支援される人々はおそらく他人を抑圧する側にはならない。抑圧している人々も結局は何か満たされなさを感じているのだろうから、それに対して平和的な解決を試みたいとも思います。政治的支援も、人道的支援も、少なくともふたつの大事な軸があるようです。

I would like to share what was impressive. That is the value of humanitarian support compared to political support. Since then, I had believed that we people who oppressed others need to be changed to solve those kinds of problems such as refugee problem. However, supporting people suffering oppression can create peaceful future because mostly likely they are not going to need oppress others and build a better society. People who are oppressed but not getting help might oppress others in their future, but who are getting help could be different. The power of support is wonderful. Although, I do not want to give up on people who oppress others because I believe they are not really happy even if they get something by hurting others. They might not have something they need to live as well. Therefore, still, both humanitarian and political supports are important.

形は様々あるので、支援するというのは誰でも出来ることなはずです。応援してくれている人がいるという温かい気持ちを、未来の平和を作り出すその気持ちを、より多くの人に持ってもらえるために、支援の輪も広がっていってほしい、広げていきたいと思いました。

Everybody can help or support in some way. I strongly desire that more and more people and everyone in the end have the heart to support others, which warms up others’ heart by letting them feel that they are supported, so that makes it possible to create better and more peaceful society.

パレスチナ子どものキャンペーン:
http://ccp-ngo.jp/

Campaign for Children in Palestine (CCP):
http://ccp-ngo.jp/

サイディア・フラハ Saidia Furaha

ケニアで日本人が運営する孤児院、サイディア・フラハ。
児童養護施設がメインですが、1993年から無料の幼稚園もあります。おととしからは小学校も開設しました。
サイディア・フラハは、「幸福の手助け」という意味です。

Saidia Furaha is a children’s home owned by Japanese.
Other than orphanage, it also organizes free kindergarten from 1993. 2 years ago, they opened an elementary school as well.
Saidia Furaha means “helping happiness.”
1240

会社勤めは合わないなと思い、30年ほど前にケニアの養護施設でボランティアをし始めて、今はこのサイディア・フラハを運営する荒川勝巳さん。

This is Katsumi Arakawa, one of the joint representative of Saidia Furaha. He came to Kenya and started volunteer work at different orphanage in Nairobi around 30 years ago.

1272

児童養護施設では、現在は女の子のみ受け入れていて、15人の女の子がいる。両親を亡くした子、シングルマザー家庭で育ってもう母親を亡くしてしまった子、またはシングルマザーが病気の子、スラムの子どもたちなどを受け入れている。両親がいなくても、たいていの子は探せば親戚がいるのだが、親戚がいる子は避けていると言う。親戚に暴力を振るわれているなどの報告がある子供たちは受け入れている。

Saidia Furaha orphanage accepts only girls today, and there are 15 girls now. There are children who lost parents, children raised by single mother who is sick, and children from slums. Most of children have their relatives when they we search, and Saidia Furaha tries to avoid to accept those children who have relatives. But when there is a report that his or her relative is violent to the child, they accept.

1453

上の写真の箱は、養護施設に入っているひとりひとりが持っているお道具箱。ケニアの学校ではこんなお道具箱を使うらしい。日本の小学校で使うようなお道具箱よりずっと大きい。

Children in orphanage get this box to keep their stuff. This is also the box all elementary students have in school.

1343

こちらは小学校の教室の様子。

This is a classroom of elementary school.

1344

小学校は今は3年生までしかなくて、4年生以降の校舎も建てるために、外壁になるブロックが中庭には積まれていました。

Its elementary school has classes only up to 3rd grade now, and they are trying to build classrooms for higher than 4th grade.

ケニアの公立の小学校は、クラスに100人くらい生徒がいるところもあるようで、質の良い教育を届けることと、またサイディア・フラハのプロジェクトの資金集めのために、小学校を始めました。資金集めは、いつも課題だそうです。サバンナ・クラブなどの団体や個人が支援をしている。お金の流れやシステムや制度は、全員に平等ではないから、必要があるところにそれを流せる人間になりたい。

Some elementary schools in Kenya have 100 students in a classroom. Therefore, Saidia Furaha started elementary school to deliver quality education, and also to raise a fund. Finance management is always their challenge. Some organizations such as Savannah Club and individuals support Saidia Furaha. Flow of money and systems are not always fair to all people, so things need to be sent to where in need manually, sometimes.

1416

生徒が書いた絵が貼ってある。特徴的なのは、絵を描くのに種を使っていること。ケニアではこれは普通らしい。

Children use seeds to draw. It is common in Kenya.

1516

自主的に掃除をしている子供たち!!!左の子が持っているのはほうき。右の子はぞうきんで床を拭いている。

These children are actively cleaning the place!!! Impressive. The child wearing a red shirt has a broom, and the child sitting down is wiping the floor.

1729

教室に囲まれた中庭には遊具が設置されている。すべり台、シーソー、ブランコ。

There are playground equipment such as slide, swing, and seesaw.

1431

自立支援のために裁縫教室も運営していて、上の写真はミシンの機械の土台部分。外からの侵入者に盗まれてしまうから、上の部分はもっと安全なところに保管する。

Saidia Furaha also runs sewing class as self-reliance support. Desks with a hole in the picture above are the base of sewing machines. Sometimes strangers come and steel machine parts, so they save them in safer place.

1506

裁縫教室の生徒たちは、ケニアの美しいキコイという布で、タオル、ズボンなどの洋服、ポーチ、髪飾り、エプロンなどを作ります。ハイクオリティでリーズナブル、ご興味のある方は、ぜひサイディア・フラハの荒川さんにお問い合わせください!

Students of sewing class produce towels, clothes such as pants, apron, pouch, hair accessories and so on, out of Kenyan beautiful cloth called Kikoy. They are high quality and reasonable! If there is anyone interested, please contact Mr. Arakawa.

1346

以前ボランティアで井戸を掘ってくれた団体があるようで、水には困っていないようでした。水は、写真の奥のほうに見える窓から外部にも販売していますが、20リットルでたったの3 ksh、たったの3.5円くらいです!!普通にペットボトルに入った水をスーパーなどで買うと、とてもそんな安くはないです。

A volunteer group dug a well. They sell water from the window behind the well in the picture to people outside and they charge 3 ksh, about 2.5 cents for 20 liters. Bottled water in supermarkets are not this much cheap.

1427

こちらはサイディア・フラハの中で一番きれいな?トイレっぽいトイレ。それでも水は流れないので、自分でバケツから水を流します。シャワーは無いので、お風呂といえば行水です。

This is the cleanest toilet in Saidia Furaha. But it is not a flush toilet, so people need to put water by themselves after use. There is no shower, so people do tub-bathing.

1738

夕食の様子。この日の夜ご飯は、日清食品からいただいたインスタントラーメンでした。具は、少しだけお肉が入っているだけ。

Dinner. This day’s dinner was instant noodle which was donated by Nisshin Foods Holdings.

242

幸福の手助け・・・真の幸福は、みんなが幸せになった時にしか、得られないのかもしれない。

Helping happiness… probably people cannot attain real happiness leaving others.

ルワンダ報告会~私が見たルワンダ~ Report Presentation on Rwanda ~What I saw in Rwanda~

ルワンダ(ケニアもおまけで)報告会を、2月13日(土)13:30~、国分寺駅から歩いて5分の国分寺労政会館でします。
ご興味、お時間ある方は、ぜひいらしてください^^
I am going to have a presentation on what I saw in Rwanda (and Kenya) on next Saturday, February 13th, from 13:30 at Kokubunji Rosei Kaikan, 5 minutes from Kokubunji station. Everybody is welcome so please come if you are interested:)