Impressive Voices from Kigali Genocide Memorial キガリ大虐殺記念館に刻まれる、平和・公正を求める印象的なメッセージ

037

A girl called Therese whose father was a genocide committer says:

“When my dad appeared at Gacaca court, I tried to help him accept and ask for forgiveness but he didn’t. He went back to prison. I continue to visit him there.”

父親が大虐殺首謀者だったテレサという名の少女は言いました:

「私の父が裁判に現れたとき、私は父に、事実を受け入れて許しを請うように説得しようとしました。しかし父はそれを聞き入れず、また刑務所に戻って行きました。私は父を訪れ続けます。」

On the wall of the memorial:
“Genocide is likely to occur again:
Learning about it is the first step to understanding it.
Understanding it is important to respond to it.
Responding to it is essential to save lives.
Otherwise “Never again” will remain “Again and Again””
記念館の壁には、作者不明の悲劇根絶への能動的な姿勢を求める声:
「大虐殺はまた起こりそうである。
大虐殺について学ぶことが、理解への第一歩である。
理解することは、インプットしたことをアウトプットするのに重要である。
アウトプットすることは、命を救うのに不可欠な事である。
そうでなければ、「もう二度と」は「また」であり続ける。」

“All of us are Rwandans here.” -students at Nyange secondary school:
Three years later the genocide on March 18th in 1997, Hutu extremists who fled to Congo when RPF took control over Rwanda at the end of the genocide attacked a secondary school near the border with Congo. Since the Hutu extremists wanted to kill Tutsis, but students were not separated by race, so the extremists told students to tell to separate. However, students said:
“All of us are Rwandans here.”
Then, all of them were killed.
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」ーニャンゲ高校の生徒達:
大虐殺から3年後である1997年3月18日、ルワンダ愛国戦線が大虐殺の終わり頃ルワンダを制圧したときコンゴに逃れたフツ族過激派が、コンゴとルワンダの国境線付近にある高校を襲った。彼らは、ツチ族撲滅に来たのである。生徒達に、民族別に分離するよう指示した。しかし、生徒達は言った:
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」
その生徒達は殺されてしまった。

036

What is important is what we do after we get to know these facts. Learning from history and being active for betterments of current society are responsibility of modern global citizens. Only people can build society without oppression and tragedies. When you cannot see the value of something, you can create the value for better.
これらの事実を知って重要なのは、この後私達がどうするかである。歴史から学び、今日そして未来の世界がより良くなるように、学んだ事を生かし考えて行動することは、一人一人の責任である。人々は、抑圧や悲劇のない社会を作ることができる。何かの意味を見いだせない時は、その意味を作り出すことができる。

A Survivor of Genocide: Charles Habonimana 大虐殺生残者:チャールズ・ハボニマナさん

097

Mass killings happened several times especially in 1955, 1963, and 1973 before the genocide in 1994. Many of Charles’ relative exiled to neighboring countries such as Uganda. Charles stayed in Rwanda with his family, but most of his family was killed by his neighbors in the genocide in 1994. He was12 years old at that time.
1994年に大虐殺が起きる前にも、1955, 1963, 1973年などにもフツ族によるツチ族大量殺人が実行されていました。チャールズの一族の多くはウガンダなどの隣国に非難しましたが、チャールズは1994年の大虐殺当時12歳、家族と共にルワンダに残っていました。

He have thought he was dead several times in his life. When his Hutu extremist neighbor came to kill Tutsis, his family, he was also hit his head by club. His father was murdered with traditional arms.
彼は人生で何度も死んだ思いをしたと言います。彼の家族は近所の人に殺されました。民族が違うということだけで、メディアによって洗脳されてしまった知り合いに殺されました。彼は頭を棍棒で殴られ、死んだと思ったそうです。彼の父親も、その時棍棒などの伝統的な武器によって殺されてしまいました。

When his mother was taken away, he was beaten up to the point that he was thought to be dead. He never saw his mother.
彼の母親は連れ去られ、その時彼は死んだと思う程叩かれたそうです。

He was serving Hutu as a slave when RPF came from Uganda to stop the genocide by extremist Hutu in July. Charles was taken to exile from Rwanda with Hutu because he was thought that he was going to speak out.
ルワンダ愛国戦線が1994年の7月にウガンダからルワンダに大虐殺を止めるために侵攻してきたとき、チャールズはフツ族の奴隷になっていました。フツ族の人々がルワンダから逃げるのに一緒に連れて行かれたそうです。

On the exile with Hutus, they met a former soldier of Habyarimana’s government (Hutu government until the genocide). The soldier called him snake scornfully and took Charles to forest. Charles thought he was going to be killed, so he decided to run away.
逃げる道すがら、ルワンダ元大統領であるハビャリマナ(フツ族)の兵士に遭遇しました。その兵士はツチ族であるチャールズを軽蔑して「ヘビ」と呼び(ツチ族の人は、洗脳のためヘビやゴキブリと呼ばれていました。)、森に連れて行ったそうです。チャールズは殺されると思い、走り逃げることを決心しました。

He just ran but not straight. He ran zigzag. The soldier was trying to shoot him. Then, he hid in a bush. He stayed in the bush until RPF found him. Charles thinks “if he really was not dead, he will never die.”
彼は遂に走り出しましたが、ジグザグに走りました。兵士が彼を射撃しようとしていたためです。彼はその後草村に身を隠しました。ルワンダ愛国戦線に見つけられるまでそこにいたといいます。チャールズは「その時死ななかったのなら一生死なないと思う」と言いました。

He was taken to an orphanage and grew up to be a politician, and also to be the head of an organization to support post-students who are survivors of the genocide, GAERG. He said he would never escape from out cause, the genocide.
彼は孤児院に預けられ、成長し、今は新しい政府のために働いています。GAERGという、以前記事に書いたAERGという大虐殺生残者である学生支援団体の兄弟団体の会長でもあります。彼は、全ての根元、大虐殺から決して逃れないと言いました。

A report will be continued on GAERG and his current view and life.
GAERG、彼の今の生活と考えについての記事が続きます。

Article about AERG (AERGについての記事はこちら):

https://universevoicemosaic.wordpress.com/2015/04/20/aerg-association-of-student-survivors-of-genocide-大虐殺学生生残者協会/

A Survivor of the Genocide in Rwanda in 1994, Margret Mougarita Kanzougire (45) ルワンダ大虐殺生残者、マーガレット・モウガリタ・カンゾウギレさん

111

In the beginning of April in 1994, houses in the area she had lived started being set a fire and Tutsis were killed by extremist Hutu, so her family fled from their house. She was 25 years old pregnant with 2 children and her husband.

1994年の4月の始め、彼女が住んでいたエリアの家が焼かれ始め、ツチ族の人間がフツ族過激派によって殺され始めた。彼女の家族は非難することに決めた。その時彼女は、2人の小さな子供達を連れた妊婦だった。

They escaped to a church in Mukange, a city in Eastern province, and she found a lot of people fled from their home in many different places. However, there was no food.
彼女の家族はルワンダの東地区にあるムカンゲという都市にある教会に逃げてきた。そこには、ルワンダの様々な場所から人々が非難してきていた。しかし、そこには食糧が無かった。

It was 9th of April when first militia attacked the church. At this time, the militia had only traditional weapon so they did not manage to break into the church.
4月9日、その教会はフツ族過激派による最初の襲撃にあった。しかしその時は、襲ってきたフツ族過激派の市民兵は伝統的な武器しか持っていなかったため、レンガ造りの教会を破壊して入り込むことは出来なかったらしい。

3 days later, the militia came back with guns and oil. They threw oil into the church and started burning it with people in it. Magret said she saw blood, organs, and parts of bodies everywhere.

3日後、フツ族過激派の市民兵は銃とガソリンと共に戻ってきた。彼らは教会の中にガソリンを投げ入れ、火をつけた。マグレットはそこらじゅうに血や内臓、体の部分が散乱しているのを見たという。

In the morning of the following day, the militia got able to get into the church with spires, clubs, and swords, and they killed Tutsis. Somehow Magret survived but she said she did not know how. Some weak people were not targeted to kill.

次の日の朝、市民兵は弓矢やこん棒、刀を持って教会の中に入り込み、ツチ族の人々を殺し続けた。マグレットはどうやって自分が生き残ったのか分からないという。少数の弱者は標的にされなかったらしい。

She was told to go back home, but she found murder happening outside the church immediately, so she hid in bushes. She kept hiding fighting against hunger and thirst until RPF came to rescued her.

彼女は家に帰るように言われたが、教会を出てすぐ殺人を目撃したため、草むらの中に身を隠した。空腹とのどの渇きと闘いながら、ルワンダ愛国戦線が助けに来るまでそこに隠れ続けたらしい。

After the genocide, she worked hard and regained hope for future. She said religion, Christianity, helped her as well.

大虐殺の後、彼女は小さな子供たちのために必死に働き、未来への希望を取り戻した。彼女が信仰しているキリスト教にも助けられたという。

She thinks love and good education which teaches respect differences and others are important. Also family has responsibility against crimes, she said.

愛と、違いや他の人々を尊重することを教える良い教育が重要だと、彼女は言う。また、犯罪が無い社会のためには、家族にも責任があると語った。

117

During the interview, children gathered and listened to her story together.

インタビュー中、子供たちが集まってきて、一緒にマグレットの話に耳を傾けていました。

A Survivor of Genocide: Mugeni Umulisa Aline Sophie 大虐殺生残者 ムジェンニ・ウムリサ・アリネ・ソ フィーさん

She was only three when genocide happened. She says she does not remember anything about the genocide, but the influence of the genocide on her life was tremendous. She had 6 brothers, but only she and one of the brothers survived. Her parents were also killed. 大虐殺が行われた時、ムジェンニはたった3歳でし た。彼女は当時の事を何も覚えていないといいます が、大虐殺が彼女に与えている影響はとても大きい です。彼女は6人の兄がいましたが、両親も殺され、 生き残ったのは彼女と1人の兄だけでした。

image

She fled to a church in Kayonza district from her house with her family when they came to know Tutsis were killed by the government soldiers and militias who were extremist Hutu. They came to the church on 11th of April in 1994, and killers started killing at midnight around 3 am on the next day. フツ族過激派によるツチ族殺害が頻発しているとい う情報を得て、彼女の家族はルワンダの東にあるカ ヨンザ地区の教会に避難しました。1994年4月11日 に教会にたどり着き、その次の日の午前3時頃から虐 殺が開始されたといいます。

Killers had the list of Tutsi people, and let Hutus leave from the church first. Priests refused to leave Tutsis in the hand of Hutus. A priest Jean Bosco who was a Hutu and tried to protect Tutsis was shot and sliced by the extremist Hutu. 大虐殺実行犯は、ツチ族のリストを持っていたた め、まず教会からフツ族去るように言ったようで す。牧師達はツチ族の人々をフツ族過激派の手に委 ねるのを拒みました。ジーン・ボスコという牧師は フツ族の人間だったのですが、ツチ族の人々の命を 守ろうとしたため、同じフツ族の過激派に銃で打た れ、その上切り刻まれて殺されたそうです。

A father’s name was called by Hutu extremist one by one, and his family had to go with him to be killed. Before people were killed, they were forced to give away money and usually physically violated such as kicked and hacked by machete. フツ族過激派は順々に父親たちの名前を呼び、その 家族も共に人々の前で殺したといいます。殺す前、 フツ族過激派はお金が全て手渡させ、また蹴ったり 伝統的な武器で暴力を振るってから殺しました。

It is said that her father was forced to remove his clothes and killed naked. Many of people were humiliated before being killed. ムジェンニの父親は殺される前に服を全て脱がさ れ、裸で殺されました。多くのひとが、殺される前 そのように辱められたそうです。

Mugeni survived because she was hiding in the back of the church with her aunt apart from her own family. Her brother survived because he managed to hide himself among Hutu children. ムジェンニは叔母と一緒に教会の奥の方に隠れてい たのでどうにか見つからず殺されずにすんだらしい です。もう1人の生き残った彼女の兄は、フツ族の 子供達に紛れ込んで身を隠したそうです。

After a few days of the mass killing, RPF soldiers came and she was taken to their camp. Her brother was taken with other Hutus to flee from Rwanda to neighboring countries such as Congo by the extremist Hutu militia, but he repatriated some time later somehow. Three of Mugeni, her brother, and their aunt were reunited and started making life together. 大虐殺が行われた数日後、ルワンダ愛国戦線が助け に来て、ムジェンニ達は彼らのキャンプに連れて行 かれ助かったそうです。彼女の兄は他のフツ族と一 緒に過激派にコンゴなどの隣国にルワンダ愛国戦線 から逃れるため連れて行かれたらしいですが、数ヶ 月後、そこから逃れて帰国し、ムジェンニと叔母に 再会し、3人で暮らしを立て直し始めました。

image

Survivor of the Genocide: Mukaruranqwa Liberata 大虐殺で生き残った人 ムカルランカ・リベラタさん

054

彼女はフツ族過激派による大虐殺の標的にされたツチ族の人間ではありませんでしたが、

ツチ族の人々を家に隠して救おうとしたため、フツ族過激派の標的にされました。

She was not Tutsi, which was the target of the genocide, but she tried to protect Tutsis, so she was also targeted by the killers, Hutu extremists.

彼女は、2人の女性と3人の男性、合わせて5人の人々を家に隠していたと言います。

She hid 2 females and 3 males in her house.

そのうちの一人は背中に致命的な切り傷を負っていて、彼女の助けなしでは命を落としでいただろうといいます。

One of them was bleeding on her back, and she would have died without her help.

彼女は聖書を彼らに読み聞かせ、精神的な傷を癒すことにも努力しました。

She tried to heal them mentally as well by reading the bible to them.

ツチ族の人間を守ろうとしているフツ族の人間まで殺されていると聞いて、最後は彼女も家を去らざるを得なかったと言います。

However, hearing that Hutus who tried to protect Tutsis were also being killed, she eventually fled from her house.

しかし、彼女が守ろうとした5人は皆生き延びたらしいです。

But the 5 people she tried to protect survived the genocide.

彼女は自分がしたことに誇りを感じていると言います。

She is proud of what she did.

Survivor of the Genocide: Anastaria Mukakibgo ルワンダ大虐殺で生き残った人 アナスタリア・ムカキブゴさん  

054大虐殺が実行されているとき、彼女は夫と子供たちと一緒に教会に避難していました。

During the genocide in 1994, she escaped to a church with her husband and children.

彼女は殺された人々の遺体の下敷きになって、大虐殺実行犯には見つからず生き残りましたが、彼女の家族はみな殺されてしまいました。

She was under dead bodies, so she was not found by the killers and survived, but all other her family members were killed.

実行犯が教会を去った後、彼女は教会を出て、近くの林に身を隠していたと言います。

After killers left, she hid herself in forest.

しかし、食べるもの着るものがほとんどなく、また家族を失って一人になってしまった絶望から、殺されることを願ったと言います。

She wished to be killed because the life was so tough alone without something to eat or wear.

正確にどれくらいの時間が経ったかは分かりませんが、数日か数週間かどうにか生き延びて、

ルワンダ愛国戦線が彼女を見つけて避難キャンプに連れていきました。

She cannot remember how long it took, but she was taken to a camp by RPF soldiers when they found her.

直接的な理由は分からないそうですが、大虐殺の中、目がほとんど見えなくなってしまったそうです。

She lost her eye sight during the genocide.

大虐殺が落ち着いて、家に戻った時、彼女の家は焼かれていました。

When she went back her house, she found her house was burned.

隣人に助けられ、今まで生き延びていると言います。

Thanks to neighbors’ support, she manages to live until today.

A Survivor of Genocide: Mukarusinda Alice  ルワンダ大虐殺を生き残った人、ムカルシンダ・アリスさん

096She is a survivor of the genocide in 1994 in Rwanda. She was 23 when it happened.
大虐殺が実行された時、彼女は23歳でした。
 
She was in a church in Ntarama, a sector in Eastern province in Rwanda, because people thought if they were in church, nobody could kill them. 
彼女は大虐殺から逃れるために、教会にいました。境界は聖なる場所であるから、誰も殺されないと人々は思っていたからです。
However, interahamwe came to churches to kill Tutsis to terminate them. While Alice tried to escape through a window, and a killer cut her back with a traditional weapon called machet. 
しかし、大虐殺の実行犯は、教会にも侵入してきて、アリスさんは窓から命からがら逃げだしたそうです。その時、背中を刺されてしまって今もその傷が残っているそうです。
She was caught by a killer and thrown into a bush near a river. 
彼女は外で捕まり、草むらに投げ込まれました。
Many people were thrown into rivers and lakes and their bodies are still there today. 
たくさんの人々が傷つけられた後、川や湖に投げ込まれ、今でも彼らの遺体はその底に残っているままだといいます。
She stayed hiding in the bush until RPF army came to save her. 
彼女はルワンダ愛国戦線が助けに来るまで死んだ思いで草むらに隠れていました。
She thought she was dead already.
She was sent to a hospital and when she regained her consciousness, she did not know how to speak or move anymore. 
助け出されて病院に連れて行かれて意識が戻った時、話し方や動き方を忘れていたといいます。
 
Her wish is to spread this her story to the world so that nobody will experience the same thing. 
彼女は、世界中の誰にも同じ経験をしてほしくないといいます。
Therefore, she keeps telling her story and stay strong. 
だから彼女は彼女の経験を語り続け、強くいようと努力しています。

Commemoration at Ruhanga, Kigali ルワンダ大虐殺記念式典 ルハンガにて

In the morning around 9:30 A.M., they started the commemoration of the genocide with praying.

038
After that, they had the time of silence and a young genocide survivor who is a singer now sang a song of the genocide. He gave a testimony as well.

生き残って今は歌手になった青年は、大虐殺について書いた歌を歌いました。

042

Vincent Ntaganira, who was born in this village Ruhanga and now is working for the government talked about what genocide is, what genocide denial is, and what we can do to restore and maintain harmony.
According to him, in Greek “geno” means ethnicity, and “cide” means killing. Therefore, he emphasized that the genocide was a genocide against Tutsi.

He requested survivors to be strong and encourage young people to learn about the history.

ルワンダの大虐殺とはいったい何だったのか、今私たちに何が出来るのかについて話す政府関係者。

049

People also listened to ministers of Rwanda and the President. 054

助け合って生き残って、今もそうして生き延びる現地の方にお話を伺えました。

また明日報告します!