砂川闘争の現地を歩く Walking Event in the History of Sunagawa Struggle

4月17日(日)に、砂川闘争の史跡を歩くツアーが開催されます。
Let’s walk on the history of Sunagawa Struggle!

闘った人々が寄り集まった場所や、応援に来た学生たちのためにあった青年の家、米軍基地拡張予定地などを廻ります。
You will visit where people gathered to fight, a house for students who came to support the struggle, the expected lands which were going to be expanded as US military base, and so on.

 

12829462_1056314574431501_3158938884258083801_o

途中途中、砂川闘争に実際に参加された人や、今も砂川で平和利用のために土地を守り続けている人のお話を伺います。
On the way, you meet people who fought in Sunagawa Struggle and people who are still protecting the land for its peaceful use.

歩いた後には、すいとんを食べながらの懇談もあります。
You can enjoy “Suiton,” something like Japanese pasta or soup at the end of the tour.

どなたでもご参加できます。皆様のお越しをお待ちしております。
Everybody is welcome and I am looking forward to seeing you there!

日時:4/17(日)9:30~12:30
集合場所:砂川学習館前(立川市砂川町1-52-7)
(立川駅からバスを使えます。砂川四番に止まるのにお乗りください。)

Date: April 17th, Sunday
Time: 9:30~12:30
Meet up at: in front of Sunagawa Gakushu-kan
1-52-7 Sunagawa-cho, Tachikawa-shi, Tokyo
(There are buses from Tachikawa Statoin. Please take which stops at Sunagawa-Yonban)

12829136_1056323944430564_70692252116231767_o

砂川収穫祭・ルワンダ展 Sunagawa Thanksgiving + Special Exhaustion of Rwanda

229

本日は砂川平和ひろばで、収穫祭がありました。砂川で採れた野菜、里芋、にんじん、だいこんを使ったけんちん汁が振る舞われました。

Today, Thanksgiving event was held at Sunagawa Heiwa Hiroba museum and Kenchin soup and Japanese special rice dish was provided for visitors. All ingredients were harvested in Sunagawa!

砂川で採れたもち米とごまで作られたお赤飯もありました。

240

全て地元で栽培され採れた材料で作られた無添加のけんちん汁とお赤飯の味は別格であると、訪れた人々に大変好評でした。

246

また、野菜収穫時に、人間による耕作によって手が付けられておらず、そのままの土色を残している関東ローム層の土と触れ合うことが出来たのも非常に興味深かったです。

Also, it was very interesting and meaningful that we found Kanto loam layer of the field.

231

また、砂川での実りがルワンダにも届きますようにと、私がずっとしたかったルワンダの報告会も今回開かせていただくことができました。活発な議論をすることができ、いらっしゃってくださった方々には心から感謝しております。これからも頑張るので、よろしくお願いします!!!
At the same time, I finally could hold a report presentation about Rwanda. We held this events together with a wish that Rwandans receive harvest and “fruit” of Sunagawa.

216

ルワンダ写真展の方は、12月13日まで砂川平和ひろばで開催されていますので、お時間・ご興味ある方は、ぜひいらして下さい。
Special exhibition about Sunagawa is held till December 13th. Please visit Sunagawa Heiwa Hiroba Museum!

砂川秋まつりのお知らせ Sunagawa Autumn Festival on November 8th

11月8日(日)に、「第25回砂川秋まつり」が、砂川の秋まつりひろばと砂川平和ひろばで開催されます。

25th Sunagawa Autumn Festival is going to be held on Sunday, November 8th, at Sunagawa Autumn Festival Square and Sunagawa Heiwa Hiroba Museum.

屋台やステージ、フリーマーケットなど、楽しいこと盛りだくさんです。模擬店では、地元野菜の販売もあり、また本格中華まん、沖縄そば、焼きそば、焼き鳥、お酒、などなど、たくさんの美味しいものが待っています。ステージには、音楽演奏や劇をしてくれる団体も来ます。飛び入り出演者も歓迎です。
It is a Japanese local festival with Japanese food such as Yakitori, Okinawa noodle, sake and yakisoba. There are performances as well and traditional Japanese dance ‘Nichibu’ is going to be performed. Everybody is welcomed to join performances.
Visitors can get local vegetables.

砂川平和ひろばでは、砂川闘争写真展、それから映画「流血の記録砂川」の上映もしています。10月11日の映画祭を見そびれた人は、チャンスです!とてもレアな地粉うどんの販売もあります。
At Sunagawa Heiwa Hiroba Museum, movies are going to be shown. Visitors can get udon noodle which is 100% made in Japan at this place.

秋まつりひろばは、元々米軍基地にすると政府が決めた土地だったのですが、絶対的に反対した地元住民が14年間にわたった砂川闘争によってそれを阻止し、今はその砂川の地元住民が木を植えて自主管理している広場です。銀杏もあって、秋を感じられる広場です。
Japanese and US government was originally trying to transform the venue Autumn Festival Square into the US military base. But some local people kept opposing and fighting for 14 years, so there is a peaceful square now. Local people subjectively plant trees in the square and protect their own field. There are some maple trees and they provide Autumn atmosphere.

たくさん来る子供たちのために、工作など、いろんな催し物もあります。
Many children join every year. There will be some craft sessions for children.

砂川は、その歴史や土地が、誰にでも何でも出来ると励ましや元気をくれるところです。
Sunagawa is a place that its history and the field encourage and tell us that anybody can do anything.

ぜひ、砂川秋まつりに来てみませんか?
We are looking forward to seeing you at Sunagawa Autumn Festival on Nover\mber 8th.

***砂川秋まつり***Sunagawa Autumn Festival***

November 8th, Sunday 10:00-15:00
@Sunagawa Autumn Festival Squar + Sunagawa Heiwa Hiroba
(東京都立川市砂川町1-38‐1
1-38-1 Sunagawa-cho, Tachikawa-city, Tokyo)
(立川駅北口からバス「箱根ヶ崎・三ツ藤住宅」行き「砂川4番」下車、または「大山団地折り返し所」行き「砂川誤五差路」下車すぐ)
(take a bus from Tachikawa Station which bounds to Hakonegasaki or Ooyamadanchi Orikaeshijo and get off at Sunagawa Yonban or Sunagawa Gosaro)

Facebook: https://www.facebook.com/events/189167151414604/
Twitter: @sunagawahiroba
連絡先:042-524-9863(第25回砂川秋まつり実行委員会代表かとう)
email: sunagawaakimatsuri@gmail.com

秋まつり

秋まつり2

Voice for Peace, from Sunagawa Heiwa Hiroba Museum 砂川平和ひろばからも、平和を求める声

60周年現地集会

ポスター8.20

60 years has passed since Sunagawa Struggle, which prevented the expansion of US military bases in Sunagawa.

米軍立川基地の拡張計画を阻止した砂川闘争(1955年開始)は、今年60周年を迎えました。

Sunagawa Struggle started in 1955 and it took 14 years to finally stop the governmental plan to expand US bases. However, their struggle didn’t end there. In 1972, Japanese self defense forces moved to the bases in Sunagawa against the citizens’ will. Still today, noise of helicopters and jet transfer aircrafts annoy the resident in Sunagawa.

1969年に拡張計画の中止を勝ち取った砂川の現地では、そのあとも闘いが続きました。72年には市民の反対を押し切って自衛隊が移駐。砂川の空には、今もC-1ジェット輸送機やヘリコプターの騒音が轟いています。その下で、現地に住み続ける反対同盟の人々の生活が続きました。

The land the government bought for the expansion is now abandoned. Abandoned land spoils neighboring farmers’ land. Therefore, Sunagawa resident are trying to plow that abandoned land and build a park. The abandoned national land still hasn’t used for the people, who have sovereignty.

境界も未確定な買収されたままの拡張予定地は荒れ、隣接農地を蝕んでいきます。放置された農地を再び拡張されることのないように耕す、砂川に根を張り闘う市民の手により木を植え、子供たちが遊べる公園とするなどの自主的な動きが拡大していきました。その中のスポーツ関連施設は、暫定使用の形で利用されています。しかしその他はほとんど手付かずのまま、いまだに砂川の拡張予定地、基地跡地の国有地は、主権者のもになっていません。

Even after the long Sunagawa Struggle, fight over trials continued. In 1976, private lands in the base were finally returned to the people. People planted trees in the land, and now it has grown up to forest.

激しい闘いの後にも、暗く長い裁判闘争が続いていました。76年、基地内民有地が和解により返還され、返還地に三多摩地区の労働運動の人々の手で苗木が植えられ、今、木々は森に成長しました。

During the struggle, a temple called Nohonzan-Myosoji, which stands right i front of the runway of the US base was a “base” for people to fight. Priest from the temple still visit Sunagawa today to advocate peace.

逃走時、滑走路直前に建つ日本山妙法寺の砂川道場は、反対同盟の拠点でした。日本山妙法寺の平和キャラバンは、今も毎年ビキニデー、原爆記念日に向けて砂川を訪れています。

5 years has passed since Kyoko Fukushima who is a daughter of a leader of Sunagawa Struggle opened a small museum of the struggle. The Sunagawa Heiwa-Hiroba museum keeps its important role to convert history and provide a place for discussion.

2010年、キュウ拡張予定地の一角に、砂川闘争の第二世代の一人、反対同盟副行動隊長・宮岡政雄の次女、福島京子さんが、「砂川平和ひろば」を開設して5年が経ちました。「砂川平和ひろば」は、砂川の歴史を伝え、人々が集い語り合う場として、活動を継続しています。

Function as the headquarters of US bases in Asia was transformed to Yokota base from Tachikawa. Japanese self defense force helps their activities. US military is planning to deploy osprey in Yokota base, the center of Japan.

米軍立川基地の機能は横田基地に移り、今や自衛隊との協力のもとに、アジア・太平洋地域の中枢基地として重要な役割を果たしています。そして横田基地には、オスプレイの配備も予定されているのです。

Currently, the prime minister of Japan Abe is trying to approve the right to collective self-defense. However, the land was brought back to Sunagawa citizens by the court case of Date with the reason that letting US military stay is the violation of constitution. Constitutionalism is threatened today.

現在、安陪政権は、アメリカからの圧力で下された最高裁砂川判決を根拠に、集団的自衛権を定める安保法案を制定しようとしています。砂川裁判で問われたのは、米軍の駐留は憲法9条に違反するという伊達判決なのです。憲法をないがしろにする安倍政権を許すことはできません。

This time, we are going to hold Sunagawa Struggle 60th anniversary event in Sunagawa, the actual place of the struggle, on 11th of October, Saturday. We invite and welcome everybody and hope to get together to say NO to have bases and arms like osprey.

砂川から学び、全国で闘う一人一人が結集し、立憲主義が危機的なこの状況を変えていくために、このたび、2015年10月11日(日)「砂川の大地から、とどけ平和の声~砂川闘争60周年現地集会~」を開催する運びとなりました。砂川闘争60周年の今年、沖縄・辺野古新基地建設反対、横田基地撤去、オスプレイ配備反対、原発再稼働阻止、自衛隊立川基地撤去への道を、砂川の勝利に続けと、砂川の現地に集い、ともに歩みましょう。

A gift or any support allows us to operate this event and we would appreciate your contribution!

If you are interested in, please contact to the writer of this blog.

この集会は、皆様のカンパにより運営されます。

ご賛同に興味がある方は、ぜひ下のPDFファイル(賛同文)から詳細をご覧ください。

賛同文 (PDF file)

———————————————————————————————–

基地拡張は中止されたのにも関わらず、住民の要望はあまり取り入れられず国有地のままの土地。守り続けなければ、簡単にその東京の一角が、米軍基地になってしまうだろう。

Unless people keep protecting the land, that given up national lands easily can be transformed to a base again.

確かに基地でも地域は発展するかもしれないが、基地ではないほうがずっと自由に地域や土地は発展するのではないだろうか。

It is true that Sunagawa region prospers with bases. However, it can prosper more freely without bases, can’t it?

予告: 砂川から学ぼう、チョイスは自分にある ~砂川闘争60周年イベントを10/11に開催~ Notice: Learn from Sunagawa: You have Your Own Choices ~Anniversary Event on 10/11, 60 Years from Sunagawa Revolt~

rephotography 312

10月11日(日)に立川市の砂川町で、砂川闘争60周年を記念してイベントが解散されます。

60th anniversary event of Sunagawa revolt is going to be held on 11th of October in Sunagawa town, the actual place of the revolt, in Tokyo.

皆様お誘い合わせの上でも、通りがかりでも、ぜひお越し下さい。
Everyone is invited and will be welcomed so please join us.

砂川闘争とは、1955年に始まった、日本で唯一市民の力によって米軍基地拡張を止めることに成功した出来事です。
Sunagawa revolt started in 1955, and it is the only case that citizens succeeded in stop the expansion of the US military base in Japan.

rephotography 329

砂川平和ひろばから見える立川米軍基地。

ひとりひとりが、戦争は良くないという思いを大切にすることによって、平和は実現していくことが出来るはずです。
If each one of you presents that wars are not good, peace should be achievable.

今回は、その砂川闘争60周年を記念して、映画祭や様々な方のお話を盛り込んだイベントを、現地砂川で開催いたします。
This time, we commemorate 60th anniversary of Sunagawa revolt and hold movie festival and talk event with local food provided.

「基地」は特定の土地にあるもので、基地をめぐっての闘争であった砂川闘争は、やはりその砂川という土地に大変ゆかりがあります。だから現地砂川から、 経験に基づいた、戦争はいけないということ、人間性の尊重について、沖縄・辺野古とも連携して、今の社会問題への提言も含めて発信していきます。
Since a “base” is literally based on a specific field, Sunagawa revolt which was against base expansion is deeply rooted to the field of Sunagawa. Therefore, there is an important meaning that this event to request real peace is held at the actual place. People who were active in Sunagawa revolt know from their actual experience that people should never commit a war. They also know the importance of respect to humanity. In this event, they are going to advocate peace and point out problems of current society with people from Henoko in Okinawa.

現地砂川にちなんで、郷土料理も振る舞われます。砂川闘争のときには、駆けつけてくれた学生達なども一緒になって、「砂川鍋」というものを食べたそうです。
Local cuisine is going to br provided as well so that visitors can feel the actual place Sunagawa more deeply. Especially Sunagawa hot pot was provided to students and people who stood up for Sunagawa revolt during the revolt.

なお、このイベントに賛同して下さる方、当日など協力して下さる方、また砂川平和ひろばをサポートして下さる方を募集しております。このイベントや砂川闘争にご興味がある方や、平和、尊重、主権在民、基地問題などに関心がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
Also, Sunagawa revolt 60th anniversary committee is looking for some supporters for the event and Sunagawa Heiwa Hiroba museum. Please feel free to contact if you are interested in.

お問い合わせ先:砂川平和ひろば 042-536-3167(宮岡) または 木を植える会 042-524-9863(加藤) (またはこのブログでも大丈夫です。)

今後、砂川闘争やこのイベントについて詳しくブログで取り上げていく予定です。皆様よろしくお願い致します。お楽しみに。
I am going to report Sunagawa revolt and about this 60th anniversary event on this blog. Please look forward and thank you for your support.

rephotography 324砂川平和ひろばを運営する福島京子さん。