5月6日はみずがめ座流星群 Aquarids on May 6th

shooti star

5月6日の0時頃は、みずがめ座流星群のピークです。今年はこの日新月に近いため、日本では空が暗いところでは一時間に肉眼でも10個くらい、よく見えるそうです。
(参照 : http://www.amro-net.jp/meteor-info/05_aqreta_j.html)

0 am on May 6th is the peak of Aquarids this year. It is almost new moon, so you can see around 10 shooting stars an hour even with your eyes under dark sky.

流星は宇宙の塵が地球の大気に入って燃え尽きるときの光です。
地球は太陽の周りを公転していて、その通り道には塵が集まっているところがあります。
地球は一年かけて太陽の周りを一周するので、毎年決まった時期に流星群が観測できます。
Shooting star is light of a particle when it burns out in atmosphere of the earth.
The earth revolves around the sun, and there are some collective particles like dust on the way of its revolution.
The earth takes one year to travel one cycle, so we can observe meteor shower at certain periods every year.

今回のみずがめ座流星群は、南半球の方がずっとよく見えるそうです。
Aquarids can be observed better in the southern hemisphere.
みずがめ座の辺りから流星が飛んでいるように見えるから、みずがめ座流星群。
Since shooting stars fall from around Aquarius, it is called Aquarids.

空がせまい東京にいると、空を見上げるのを忘れがちになってしまうのですが、
最近東京スカイツリータウンにあるプラネタリウム、「コミカミノルタプラネタリウム天空」に行ってきました。
I recently visited a planetarium in skytree town in Tokyo.

Small sky of Tokyo makes people forget to look up the sky,
but it reminded me of how wonderful the universe, the nature, is, as much as I cannot express.
宇宙という自然の素晴らしさ、地球の美しさに感動したのは言葉では表しきれないくらいですが、

私たちが今得ているものは、40年前東京で天の川がまだ見えていた夜空の癒やしに勝るのだろうかと疑問に思いました。
The Milky Way is not observable in Tokyo anymore, but it was, 40 years ago. The life in Tokyo is very convenient and there are too many lights day and night today. People feel getting a lot in this life, but I wonder if it is really more than the beauty of the Milky Way and the healing and knowledge which stars give us.

なるべく電気を消そう、なるべく空をきれいに保つ努力をしようと、思わされました。
Putting efforts to keep the beautiful sky clean such as turning off lights as much as possible gives you natural benefits.

壊さない、「持続可能」、壊したら直す。
“Sustainable” is a keyword.