Police Officers Apologize for Wrong Suspicion  この時代における、あるべき「国家の役割」とは?

 unnamed (1)
「黒人」の友人と歩いていたら、突然警察官3人が追いかけてきて、
I was walking with one of my “black” friends. Suddenly, three police men ran up to us and asked us,

「職務質問させていただいてもいいですか?」
“Can we do “item check” on you please?”

と言ってきた。非常に丁寧な書き方だった。驚いたけれど、考える間も無く、「どうぞ」と言っていた。
It was a very polite manner. We were absolutely surprised, and just said “sure.” We did not have a time to think.

3人のうち。2人の男性の警察官が、友人の所持品と身体検査を始めた。残りの1人の女性警察官は、私と残って話をしていた。「本当すみませんね、たまに麻薬を持ち歩いている人がいるんですよ。」など、そういうことを言っていた。
Then, two police men out of three started item check and body check ONLY on my friend. There was one more female police man left, and she was just talking to me. She was explaining that sometimes they find drugs by doing those “item check.”

私は疑問に思って聞きました。
So I asked,

 「彼は「黒人」の「外国人」だから検査されてるんですか?」
“Are you doing item check on him BECAUSE HE IS A FOREIGNER?”

彼女は、
Then she said,

「そういうわけではないです。」
“No.”

と言って、私のことも検査し始めた。空港でされる身体チェックよりも軽いものでした。
Then, she did a very light “item check” on me too. It was lighter than one at airports.

それでも、嫌な気持ちになりました。
Still, I felt horrible.

もう二度と同じことはされたくなかったので、
「既に職務質問をして、間違った嫌疑だった」
という旨の記載がある書類はないですか?
と聞いてみた。
I did not want be done such a thing again, so I asked them a document saying that “they already checked us and it was a wrong suspicion.”

そのようなものは用意されていない、とのことだった。
They said police does not have that kind of document.

「公共の福祉」のためで、仕方ないのだと言っていた。
The police men said these item checks are for “public welfare.”

日本国民の安全を守るために、警察がこのようなことをしなければいけないのは、よく分かる。国という概念が存在する限り。
I understand. I understand that they have to do those things, looking for foreigners and doing item checks of the foreigners and people with them, as long as the nation exists.

それに、ここで大事なことは、警察官にも「公共の福祉」のために何人かを犠牲にしたという認識があって、その人たちに嫌な思いをさせたことに対してきちんと謝罪するということだ。
And what is important is they apologized. They admitted that they invaded us, our feelings, and they were sincerely sorry for that.

警察の、理不尽でひどい話はたまに聞きます。アメリカなんかの警察は、信じられないほど非人道的なことをするから、それに比べたら日本は全然いいと言う人もいます。今回の話は、警察は彼らの仕事をしただけで、何の問題を見出さない人もいると思います。
I hear a lot of terrible unreasonable stories about police especially in the U.S. Compared to that, it can be said that there is a hope in Japan. Some people might think that the police men just did their job in this case and it was finished even nicely.

でも、社会の過半数の人たちのために、何人かを傷付けるのは仕方ないという考え方は、正当でしょうか?過半数の人たちを守るのが、本当に国家の役目でしょうか?統計的なデータがあったとしても、外国人差別は、本当に、「平和」や「国民の幸福」をもたらすでしょうか?
However, is it really justifiable to sacrifice some people for the majority? Is that really a nation’a job? Does discriminating foreigners really lead to “peace” or citizens’ well-being?

グローバル化しているこの世界で、私たちが探求するべきものは何でしょうか?国家の役割は何でしょうか?一人ひとりはどのように国家に責任を持つべきでしょうか?現状を目の前にして、これからどのような世界を目指すべきなのか、どのようにしたらその世界を実現できるのか、考えなければいけないきっかけが、今日ありふれていないでしょうか?
What should we pursue in this globalizing world? What should nations do? How individuals should be responsible for their nation? And, what kind of world should we try to achieve…?

コロゴッチョスラム Korogocho Slum

ケニア ナイロビのダウンタウンからバスを乗り継ぎ10km強行ったところにある、コロゴッチョスラム。
Korogocho Slum is about 10 km away from Nairobi town.

コロゴッチョスラムはナイロビの中でも最大のスラムのひとつといわれていて、20万人ほどが暮らしている。
Korogocho is one of the largest slums in Nairobi. Around 200,000 people live there.

案内してくださったのは、このコロゴッチョスラムで学校の運営など、Little Bee InternationalというNPO法人を立ち上げて活動されている高橋郷さん。スラムと、そこでの人々が自立してより良い生活をしていけることを目的とした支援活動を紹介していただきました。
Mr. Takahashi, who owns an NPO called Little Bee International, guided me in Korogocho. LBI runs a school in Korogocho and has some self-reliance support projects in the slum.

スラムにも入り口があって、そこまでスラムに住んでいる高橋さんのお友達のケニア人が迎えに来てくれる。日本人は目立つし、安全とは言えないようで、あんまり写真は撮れませんでした。
There was a clear entrance of the slum, and two friends of Mr. Takahashi came to pick us up to protect us just in case. Especially Japanese stand out in slum. I refrained from taking pictures.

901

建物はほとんどバラック。ここは学校なのだけれど、見た目では全然分からない。私が訪れたのは元旦だったので、学校はお休み。
Buildings in slum are poorly built with galvanized iron plates, stones, and mad. This is school, but it cannot be distinguished so from outside. I visited here on January 1st, so the school was close.

コロゴッチョスラムには7つの村があって、ひとつの村に入ってしまうと道は細く迷路のようです。
There are seven villages in Korogocho slum. Once entered a village, paths are narrow and it is like a maze.

900

スラムでの人々の生活は非常に貧しく、雇用の機会もあまりありません。自分の身を売るしか生活を立てていく手段が見出せない人も多く、HIV感染者も多くいます。なので人々は自分たちで事業を立ち上げる必要があるのですが、それも簡単ではありません。LBIはその支援をしています。今LBIが注力しているのは女性の自立支援で、スキルを身に付けてもらって、自分のスキルを使って自立してよりよい生活を目指します。上の写真がその例で、女性たちに裁縫のスキルを身に付けてもらって、女性たちはかばんを作り、それを売って生計を立てます。この自立プロジェクトのリーダーであるフローレンスという女性は、女性たちを集め、プロジェクトを自分たちで進めます。バッグの販売先も自分たちで見つけてきます。日本にも、ここの女性たちがカンガという美しい布で作ったバッグを高橋さんが持ってきていますので、興味がある方はどうぞご連絡ください。
Life in slum is desperately poor. There is almost no chance of employment. Many people have no other choice but to sell themselves to sustain their lives, and consequently there are many HIV-infected people. Ideally, they should start business on their own, but it is not easy. Here, LBI provides support. LBI supports especially women to be financially independent. Women learn sewing and tailoring, and obtain skills. They make bags and sell and earn money by themselves. Today, there is a Kenyan leader of this project, whose name is Florence. She gathers women in the slum and organizes the project by herself. She finds places for selling bags by herself too. Mr. Takahashi just helps them a bit today bringing some bags to Japan to sell. The bags are made of beautiful cloth called Kanga. Let me know or Mr. Takahashi if there is anyone interested in!

913

今高橋さんが運営する学校に通う子供たちは400人ほど。最近新しい教室を買ったそう。それが上の写真。
There are about 400 students in the school Mr. Takahashi started. Recently they purchased a new classroom, in the picture above.

928

ここはナイロビ川。ケニアにはごみの収集システムがない。だから、ごみ山のようなところにごみは集められるか、このように川に捨てられたりする。個人でごみを収集してくれる業者を雇わない限り、ごみの処理は自分でしなければならない。ごみの収集業者と言ったって、全部が焼却炉できちんと燃やすわけでもなく、川やごみ山に持って行って変わりに捨ててくるという業者だってある。それでこのナイロビ川はごみだらけ。下の写真の左の木の横に小さな山が見えると思うのですが、それはごみで出来た山です。ケニアの政治は腐敗しているとも言われていて、自分のことしか本当は考えていない政治家ばかりだというケニア人は多い。このようにスラムは見捨てられているが、とても見捨てられるような、見捨てることが許されるような状況ではない。
This is Nairobi River. Kenya dose not have waste managing system. Therefore people dump to rivers or garbage mountains. Unless people individually hire waste collecting agent, they have to get rid of waste by themselves. Not all waste collecting agents have refuse incinerator. Some of them just go to river or garbage mountain on behalf of their clients. So, this Nairobi River is full of trash. There is a mountain in the picture below right next to a tree on the left side. That mountain is made of garbage. Politics in Kenya is often said to be corrupted, and most of Kenyans say politicians are self-centered and care about only themselves. Slums are abandoned like this by the government, but it is not a situation that can be abandoned, or it is not excusable situation to abandon.

930

それでも、ここにいる人々はタフに生きている。
Although, people in Korogocho slum are very tough.

970

衛生的には◎とは言えないところでチャパティを作る。子供たちは狭いところで遊んでいる。生活が苦しくて笑うことを忘れてしまっている人々もスラムにはいますが、それでも日本人よりもずっと生きる術を知っている。私が見たのはスラムのたった一面だけれど、心がずっと豊かな素敵な人たちにも出会いました。
It is probably sanitary fine to cook chapati here, here is their kitchen for chapati. Children play in a small space of narrow street. There are some people who lost their smile because of hardships in slum life, but they know how to live, much more than people in so called developed countries. It was just a part of a slum I saw, but I met people who are rich in spirit here.

989

ケニアで食べたケニア料理の中で、ここコロゴッチョスラムでいただいたチャパティが一番美味しかったです。
Chapati I ate in this Korogocho slum was the best Kenyan food I had in Kenya.

 

LBI:
http://www.littlebeesinternational.org/
(コロゴッチョスラムについても紹介されています。)

障害児のための孤児院 School for the Deaf & Autistic Children

障害を持つ子供たちのための孤児院、Brook Special Schoolを訪れました。ナイロビの少し北のZimmermanというところにあります。
I visited Brook School for the Deaf and Autistic Children in Zimmerman in Kenya. To my impression, it is like a special orphanage for children with disabilities.

子供たちは最初はとてもシャイだったのですが、握手をして、一緒に写真を撮ってくれました。
Children there were shy, but they shook hands with me.

567580

ここの施設には、38人の子供がいます、と案内をしてくださったのは、創設者のTimothy Liani。最年少は、捨てられていた9ヶ月の赤ちゃん、最年長が性的暴力を受けて育った20歳の女の子です。
There are 38 children. A man in the picture above is Timothy Liani, the founder of this place. The youngest child is 9 months abandoned baby and the oldest is 20 years old girl who has experienced sexual violence.

ほとんどの子供たちが、聴覚に障害があったり、自閉症児です。彼らを社会復帰させるのがここの施設の役割です。解説して6年になります。
Most of children there are deaf and/or autistic. The most important object of Brook Special School is to let children transform and integrate with society.

9人のスタッフがいて、ボランティアをしてくれる個人や、支援をしてくれる企業もあります。
There are 9 staffs but volunteer individuals and companies help the school a lot as well.

障害を「知らない」人々はまだ多いようで、社会に受け入れられているかというと、そうではありません。なので、今は「外」とつながるためにも、2つのプロジェクトをしています。
There are people who do not know disabilities, so the school is running 2 projects to connect with “outside”.

ひとつが、ごみを活用するプロジェクト。普通の人はごみにしてしまうものを役立てようというもの。もうひとつが、荒れ地になっている土地を活用して、自給自足の生活が出来るように作物を育てようという者です。他にもプロジェクトのアイディア募集中だそうです。
One is “Farm Project.” It tries to make the most of lands which are not being used and to achieve self-sustaining life. The other one is “Waste Managing Project.” They collect wastes produced by others and try to make use of them.

597

Brook Special Schoolには、今まで人間として扱われてこなかった子供たちも多いです。
上の写真は、子供たちが色や形を覚えるのに使える道具。United States International Universityが寄付してくれたものだそう。
Children in this school were not treated as human beings in their life before they came into Brook Special School.
A took in the picture above help children differentiate color and shape. USIU donated these kinds of tools.

628

彼の名前はムンギ。彼は動物と一緒に飼われるように扱われていたそう。今は素敵な笑顔を向けてくれるけれど。
Before he came to this school, he had been kept with animals.

605

ムンギは、補助の道具を使って文字を書いています。
Pencil holder help him to write.

589

鏡は子どもたちが自分自身を認識するのに役立つし、テレビは子どもたちが真似して覚えられるような映像を見せるのに使います。
Mirror help children to practice to communicate, and TV help them to learn behaviors.

590

電話のおもちゃをコミュニケーションを教えるのに使ったり、砂を認知能力を育てるのに使ったりもするそうです。
They use sand to cope with cognitive issue.

592

上の写真はろうそくを消す練習になるもの。口の使い方の練習になる。
This is “candle blow.” It helps children to learn how to use mouth.

587

この私が持っているダチョウは、ビーズとワイヤーを使って子供たちが作ったもの。細かい作業をする練習にもなるのだと思います。この施設の運営のための資金集めのために、作って売っています。私も一ついただいてきました。とてもしっかりしているので、ぎゅうぎゅうづめのスーツケースに入れても全然大丈夫でした。気になる方はぜひご連絡ください^^
They can make any kinds of animals like ostrich above out of beads and wire. They sell them and manage to run this school.

645

2人の赤ちゃん、に見えるのですが、左の子は9歳、右の子は9か月・・。二人とも障害児なのですが、見捨てられていたところをTimothyに救われました。
They look like 2 babies… but the left one is 9 years old and the right one is 9 month. They were abandoned.

619

人間として扱われてこなければ、用を足すときにトイレに行くということも知らない。子どもたちはTimothyを見るとトイレに行くそう。
Children here had not been provided a wash room, so they are learning that they go to a wash room when they do toilet. When they see Timothy, they know it is time to go to wash room.

690

このBrook Special School自体も、いいところにあるとは全然言えない。
It cannot be said that the area Brook Special School is in is a good area.

694

全ての人が人らしく生きられるように・・・
Let all persons live as a person.

道のりは長いけれど、全然絶望的じゃない。
It is a long way but it is not hopeless at all.

Brook Special School:
http://brookspecialschool.org/index.html

Facebook:
https://www.facebook.com/BrookSpecialSchool

 

77 years old Japanese lady in Rwanda 77歳単身でルワンダで暮らす IZUBA照子さん

キガリで一人で暮らす日本人の方がいると聞いて、突撃訪問させて頂きました。

I got to know that there was a Japanese lady living in Kigali by herself, which is a very rare case, so I decided to visit her.

203

何よりもすごいと思わされるのは、彼女が芯から生き生きしているということです。
The most impressive thing about her is that every part of her is lively.

彼女は20年以上前に日本で支援を始めた「ウムチョムイーザ(良い文化)学校」でボランティア教師として音楽の授業とピアノを教えていらっしゃいます。
IZUBA Teruko voluntary teaches music and piano at Umuco Mwiza school in Kigali, which she started support 20 years ago in Japan.
学校まで1時間かかるそうですが、年齢には負けず、毎朝7時に家を出てバスを乗り継ぎ、午後4時か5時に帰宅という日々を元気で過ごしていらっしゃいます。
It takes 1 hour for her to get to the school, which means she has to leave home at 7 and get back around at 5 pm every day changing buses, but she stays tough regardless of her age 74.

ピアノは、音大に通われていたとき以来にルワンダで弾いたそうです。とても力強くエネルギッシュにピアノを弾かれます。一番印象に残っているのはトルコ行進曲で、一緒に訪問したルワンダのアーティストであるマニ・マーティンやアレックス・ブワナクウェリも、ルワンダで高齢でピアノをこんなにもすらすらと弾く人間は見たことがないと、興奮していました。
The last time she played piano before she started playing it in Rwanda again was when she was a student at a college of music. Even so, she played energetically and smoothly. Her Turkish March was especially impressive. Mani Martin and Alex Bwanakweri, who are Rwandan artists, were so excited because it is rare to see a person who is very good at playing the piano.

しかしやはり、年齢的にはかなりハードな毎日だそうです。ルワンダで最も話されているのはキニアルワンダ語、フランス語、次いで英語ですが、IZUBA照子さんは、ルワンダに来る前、そのうちのどれも話せませんでした。74歳のおばあさんが、現地の小学生にまじって英語を学んだそうです。困難な事も多々あるそうですが、「それだからこそ生きている実感があるので、それをどのように解決し処理するかを考える事から、アイデアや知恵が生まる楽しさを持つ事ができるでしょう。苦も楽も表裏一体・・・・・・・・」とおっしゃいます。
Nevertheless, she feels hardships in her life especially because of her age. Languages spoken in Rwanda are Kinyarwanda, French, and English, but she could speak none of them before she came to Rwanda. 74 years old lady studied English with local Rwandan elementary school students. Life is not easy but she says “thus I feel alive and can enjoy bearing ideas and wisdom through hardships. Pleasure is pain, and pain is pleasure.”

もうすぐ移住満3年の日を迎えられますが、ただの1度も病気やケガには縁なく、大好きな子供達、先生達と共に過ごす事で新たなエネルギーが湧いてくる日々を、感謝し楽しんでいるだけだといいます。
It is going to be three years since she moved to Rwanda. She has never gotten sick or injured, and she just enjoy and appreciate her everyday life gives her energy with children and teachers she loves.

傍から見ても本当に毎日生き生きと元気にポジティブに楽しんでルワンダで生きていらっしゃる。その源はどこにあるのでしょうか?
Everyone agrees that she enjoys her life in Rwanda so lively and positively. What makes her like that?

ルワンダの教育を考える会

http://www.rwanda-npo.org/activities/rwanda/

IZUBA照子さんは、2012年、彼女が74歳の時にルワンダに永住すると心に決めて日本を発ちました。ルワンダでの永住を決める前、彼女はルワンダを短期訪問したことがあるだけでした。
It was in 2012 that she decided to move to Rwanda for good and left Japan when she was 74. She had visited Rwanda only for a short stay before that.

一番最初のきっかけは、彼女が30代の頃起きたイスラエルのテルアビブ空港での日本赤軍乱射事件(1972)で、パレスチナの子供達がどれほど悲惨な状況に置かれているかを知ったことが、途上国の子供達の教育支援の原点となったことだそうです。
Lod Airport Massacre of 1972 in Israel by Japanese Red Army shocked her and she came to know how hard situation children in Palestine are in. Then she started supporting education for children in developing countries.

日々の暮らしの中に、自分の人生に使命や元気の源を与えてくれるきっかけが、世界には溢れているのですね。
The world is filled with triggers that give people a mission in life and energy for life.

その後アジア諸国の支援を長年続けた後、2002年アフリカの子供達に初めて思いが向いた時出会ったのが、郷里福島市で母国ルワンダの
子供達の学校建設をしているマリールイズだったそうです。
After she kept providing supports for Asian countries for a long time, she met Marie Louise, who was establishing school in her country Rwanda for children, in her home town Fukushima in 2002. She started to feel close to Africa as well.

マリールイズは、IZUBA照子さんが今ボランティアをしている 「ウムチョムイーザ学校」を建てて、宗教や政府からは独立した独自の教育プログラムを提供しています。

Marie Louise established Umuco Mwiza school which IZUBA Teruko is doing volunteering today and provides special educational program independently from the government or any religions.

マリールイズ

IZUBA照子さんは、まだその頃はアフリカ大陸に全く無知であったそうですが、「ルワンダの教育を考える会」が発行したルイズの紹介記事を一読した後、「この方の全てが信じられる」と何故か直感したのだと言います。

IZUBA Teruko was almost ignorant about Africa when she first read about Marie Louise on a report published by NPO “Think About Education in Rwanda.” However, she intuitively felt that she could believe everything about her.

IZUBA照子さんは、当時NPO法人を設立したばかりのその「ルワンダの教育を考える会」に5月に入会し、入会2カ月後にはルイズのルワンダ帰国に同行して、内戦後8年の殺伐としたキガリで10日間ホームステイをされました。その時、赤茶けた地面と砂ぼこりがまう校庭で遊んでいた
数人の子供達に出会った事が、ルワンダ永住に繋がる第一歩だったと言います。

IZUBA Teruko joined the NPO “Think About Education in Rwanda” soon later which was an organization just established as NPO in Japan. Two months later, she visited Rwanda with Marie Louise for 10 days and saw still savage Kigali, after eight years from the civil war, the genocide. She met some children there playing on schoolyard of reddish brown in dust, and that was the first step for her to decide the permanent stay in Rwanda.

直感を信じて、会社に勤務する傍ら、「ルワンダの教育を考える会」の理事になり、ルイズとの道を歩まれてきました。彼女の直感は間違いありませんでした。
30代にスタートした子供達の教育支援という川の流れが、何十年という時の流れの中で、紆余曲折しながらも絶える事なく流れ続けて、ルワンダという国にたどり着いたという、運命的な思いを彼女も感じています。

She believed her intuition and kept working for “Think About Education in Rwanda” while working full-time for a company.

She thinks it is like the river of educational support for children that started when she was in her 30s. It was meandering but it kept running for decades of her life without any stop and finally reached Rwanda. She feels her intuition was right and feels also destiny,

「2002年の初訪問、今では想像もできない汚い埃まみれで殺気だったキガリに滞在しながら、1度も嫌な国と思った事がなく、子供達の
キラキラ輝く瞳、屈託なく笑う笑顔と笑い声に魅了されてしまったのです。」

There are some difficulties in life especially comparing to one in Japan, but she has never taken them as difficulties. She first tries to do by herself even what she feels impossible. But she does not forget to be honest and appreciate when she finds what she cannot do by herself.

74年の人生の中で起こった様々な全ての事が繋がって、IZUBA照子さんは2014年に一切を整理してルワンダへ移住しました。「文化も生活レベルの違いもある中、英語、ルワンダ語の会話もできない、ないない尽くしの日々、出来る事は全て自分でする、出来ないと思った事でもいろいろ工夫してやってみる、どうしても出来ない事は素直に助けてもらうを心情に、トライトライの連続です。しかし1度も辛い苦しいと思った事がなく、困難であっても苦難にならない、ルワンダの良いも悪いも全て含めて大好きと言い切れる自分に、我が事ながら不思議でなりません。だから運命的なものと思うほかありません。」

She was fascinated by children in Rwanda with shiny eyes and carefree smiles. She can clearly say that she loves Rwanda with everything of it including good and bad, and she feels interesting about that.  Therefore, she thinks it is her destiny.

210

IZUBA照子さんは、いつも自分と正直に真剣にじっくり向き合っていらっしゃいます。他があるからこそ自分があるのだということも心にいつも留めていらっしゃいます。そして自分で決めます。強い芯を持っていらっしゃいます。誰もがIZUBA照子さんのように運命を感じても感じていなくても、生き生きと生きることが出来るはずです。その秘訣に、年月をかけて迫りたいと思います。

She always faces to herself seriously, honestly, and carefully. She values others’ existences to know own existence as well. And she decides by herself. She has something very strong inside. Everybody should be able to live lively like her feeling destined or not. I am going to search for the key that each person can have life with hope and happiness.

A Survivor of Genocide: Charles Habonimana 大虐殺生残者:チャールズ・ハボニマナさん

097

Mass killings happened several times especially in 1955, 1963, and 1973 before the genocide in 1994. Many of Charles’ relative exiled to neighboring countries such as Uganda. Charles stayed in Rwanda with his family, but most of his family was killed by his neighbors in the genocide in 1994. He was12 years old at that time.
1994年に大虐殺が起きる前にも、1955, 1963, 1973年などにもフツ族によるツチ族大量殺人が実行されていました。チャールズの一族の多くはウガンダなどの隣国に非難しましたが、チャールズは1994年の大虐殺当時12歳、家族と共にルワンダに残っていました。

He have thought he was dead several times in his life. When his Hutu extremist neighbor came to kill Tutsis, his family, he was also hit his head by club. His father was murdered with traditional arms.
彼は人生で何度も死んだ思いをしたと言います。彼の家族は近所の人に殺されました。民族が違うということだけで、メディアによって洗脳されてしまった知り合いに殺されました。彼は頭を棍棒で殴られ、死んだと思ったそうです。彼の父親も、その時棍棒などの伝統的な武器によって殺されてしまいました。

When his mother was taken away, he was beaten up to the point that he was thought to be dead. He never saw his mother.
彼の母親は連れ去られ、その時彼は死んだと思う程叩かれたそうです。

He was serving Hutu as a slave when RPF came from Uganda to stop the genocide by extremist Hutu in July. Charles was taken to exile from Rwanda with Hutu because he was thought that he was going to speak out.
ルワンダ愛国戦線が1994年の7月にウガンダからルワンダに大虐殺を止めるために侵攻してきたとき、チャールズはフツ族の奴隷になっていました。フツ族の人々がルワンダから逃げるのに一緒に連れて行かれたそうです。

On the exile with Hutus, they met a former soldier of Habyarimana’s government (Hutu government until the genocide). The soldier called him snake scornfully and took Charles to forest. Charles thought he was going to be killed, so he decided to run away.
逃げる道すがら、ルワンダ元大統領であるハビャリマナ(フツ族)の兵士に遭遇しました。その兵士はツチ族であるチャールズを軽蔑して「ヘビ」と呼び(ツチ族の人は、洗脳のためヘビやゴキブリと呼ばれていました。)、森に連れて行ったそうです。チャールズは殺されると思い、走り逃げることを決心しました。

He just ran but not straight. He ran zigzag. The soldier was trying to shoot him. Then, he hid in a bush. He stayed in the bush until RPF found him. Charles thinks “if he really was not dead, he will never die.”
彼は遂に走り出しましたが、ジグザグに走りました。兵士が彼を射撃しようとしていたためです。彼はその後草村に身を隠しました。ルワンダ愛国戦線に見つけられるまでそこにいたといいます。チャールズは「その時死ななかったのなら一生死なないと思う」と言いました。

He was taken to an orphanage and grew up to be a politician, and also to be the head of an organization to support post-students who are survivors of the genocide, GAERG. He said he would never escape from out cause, the genocide.
彼は孤児院に預けられ、成長し、今は新しい政府のために働いています。GAERGという、以前記事に書いたAERGという大虐殺生残者である学生支援団体の兄弟団体の会長でもあります。彼は、全ての根元、大虐殺から決して逃れないと言いました。

A report will be continued on GAERG and his current view and life.
GAERG、彼の今の生活と考えについての記事が続きます。

Article about AERG (AERGについての記事はこちら):

https://universevoicemosaic.wordpress.com/2015/04/20/aerg-association-of-student-survivors-of-genocide-大虐殺学生生残者協会/

A Survivor of the Genocide in Rwanda in 1994, Margret Mougarita Kanzougire (45) ルワンダ大虐殺生残者、マーガレット・モウガリタ・カンゾウギレさん

111

In the beginning of April in 1994, houses in the area she had lived started being set a fire and Tutsis were killed by extremist Hutu, so her family fled from their house. She was 25 years old pregnant with 2 children and her husband.

1994年の4月の始め、彼女が住んでいたエリアの家が焼かれ始め、ツチ族の人間がフツ族過激派によって殺され始めた。彼女の家族は非難することに決めた。その時彼女は、2人の小さな子供達を連れた妊婦だった。

They escaped to a church in Mukange, a city in Eastern province, and she found a lot of people fled from their home in many different places. However, there was no food.
彼女の家族はルワンダの東地区にあるムカンゲという都市にある教会に逃げてきた。そこには、ルワンダの様々な場所から人々が非難してきていた。しかし、そこには食糧が無かった。

It was 9th of April when first militia attacked the church. At this time, the militia had only traditional weapon so they did not manage to break into the church.
4月9日、その教会はフツ族過激派による最初の襲撃にあった。しかしその時は、襲ってきたフツ族過激派の市民兵は伝統的な武器しか持っていなかったため、レンガ造りの教会を破壊して入り込むことは出来なかったらしい。

3 days later, the militia came back with guns and oil. They threw oil into the church and started burning it with people in it. Magret said she saw blood, organs, and parts of bodies everywhere.

3日後、フツ族過激派の市民兵は銃とガソリンと共に戻ってきた。彼らは教会の中にガソリンを投げ入れ、火をつけた。マグレットはそこらじゅうに血や内臓、体の部分が散乱しているのを見たという。

In the morning of the following day, the militia got able to get into the church with spires, clubs, and swords, and they killed Tutsis. Somehow Magret survived but she said she did not know how. Some weak people were not targeted to kill.

次の日の朝、市民兵は弓矢やこん棒、刀を持って教会の中に入り込み、ツチ族の人々を殺し続けた。マグレットはどうやって自分が生き残ったのか分からないという。少数の弱者は標的にされなかったらしい。

She was told to go back home, but she found murder happening outside the church immediately, so she hid in bushes. She kept hiding fighting against hunger and thirst until RPF came to rescued her.

彼女は家に帰るように言われたが、教会を出てすぐ殺人を目撃したため、草むらの中に身を隠した。空腹とのどの渇きと闘いながら、ルワンダ愛国戦線が助けに来るまでそこに隠れ続けたらしい。

After the genocide, she worked hard and regained hope for future. She said religion, Christianity, helped her as well.

大虐殺の後、彼女は小さな子供たちのために必死に働き、未来への希望を取り戻した。彼女が信仰しているキリスト教にも助けられたという。

She thinks love and good education which teaches respect differences and others are important. Also family has responsibility against crimes, she said.

愛と、違いや他の人々を尊重することを教える良い教育が重要だと、彼女は言う。また、犯罪が無い社会のためには、家族にも責任があると語った。

117

During the interview, children gathered and listened to her story together.

インタビュー中、子供たちが集まってきて、一緒にマグレットの話に耳を傾けていました。

A Survivor of Genocide: Mugeni Umulisa Aline Sophie 大虐殺生残者 ムジェンニ・ウムリサ・アリネ・ソ フィーさん

She was only three when genocide happened. She says she does not remember anything about the genocide, but the influence of the genocide on her life was tremendous. She had 6 brothers, but only she and one of the brothers survived. Her parents were also killed. 大虐殺が行われた時、ムジェンニはたった3歳でし た。彼女は当時の事を何も覚えていないといいます が、大虐殺が彼女に与えている影響はとても大きい です。彼女は6人の兄がいましたが、両親も殺され、 生き残ったのは彼女と1人の兄だけでした。

image

She fled to a church in Kayonza district from her house with her family when they came to know Tutsis were killed by the government soldiers and militias who were extremist Hutu. They came to the church on 11th of April in 1994, and killers started killing at midnight around 3 am on the next day. フツ族過激派によるツチ族殺害が頻発しているとい う情報を得て、彼女の家族はルワンダの東にあるカ ヨンザ地区の教会に避難しました。1994年4月11日 に教会にたどり着き、その次の日の午前3時頃から虐 殺が開始されたといいます。

Killers had the list of Tutsi people, and let Hutus leave from the church first. Priests refused to leave Tutsis in the hand of Hutus. A priest Jean Bosco who was a Hutu and tried to protect Tutsis was shot and sliced by the extremist Hutu. 大虐殺実行犯は、ツチ族のリストを持っていたた め、まず教会からフツ族去るように言ったようで す。牧師達はツチ族の人々をフツ族過激派の手に委 ねるのを拒みました。ジーン・ボスコという牧師は フツ族の人間だったのですが、ツチ族の人々の命を 守ろうとしたため、同じフツ族の過激派に銃で打た れ、その上切り刻まれて殺されたそうです。

A father’s name was called by Hutu extremist one by one, and his family had to go with him to be killed. Before people were killed, they were forced to give away money and usually physically violated such as kicked and hacked by machete. フツ族過激派は順々に父親たちの名前を呼び、その 家族も共に人々の前で殺したといいます。殺す前、 フツ族過激派はお金が全て手渡させ、また蹴ったり 伝統的な武器で暴力を振るってから殺しました。

It is said that her father was forced to remove his clothes and killed naked. Many of people were humiliated before being killed. ムジェンニの父親は殺される前に服を全て脱がさ れ、裸で殺されました。多くのひとが、殺される前 そのように辱められたそうです。

Mugeni survived because she was hiding in the back of the church with her aunt apart from her own family. Her brother survived because he managed to hide himself among Hutu children. ムジェンニは叔母と一緒に教会の奥の方に隠れてい たのでどうにか見つからず殺されずにすんだらしい です。もう1人の生き残った彼女の兄は、フツ族の 子供達に紛れ込んで身を隠したそうです。

After a few days of the mass killing, RPF soldiers came and she was taken to their camp. Her brother was taken with other Hutus to flee from Rwanda to neighboring countries such as Congo by the extremist Hutu militia, but he repatriated some time later somehow. Three of Mugeni, her brother, and their aunt were reunited and started making life together. 大虐殺が行われた数日後、ルワンダ愛国戦線が助け に来て、ムジェンニ達は彼らのキャンプに連れて行 かれ助かったそうです。彼女の兄は他のフツ族と一 緒に過激派にコンゴなどの隣国にルワンダ愛国戦線 から逃れるため連れて行かれたらしいですが、数ヶ 月後、そこから逃れて帰国し、ムジェンニと叔母に 再会し、3人で暮らしを立て直し始めました。

image