支援の力 Power of Support 

ガザ
(写真:The Wall Street Journalより。Photo from The Wall Street Journal)

3月5日に、 パレスチナ子どものキャンペーン主催の講演会 「ジャーナリストの見た支援現場~日本のNGOとシリア難民・パレスチナ難民支援」に参加してきました。
There was a presentation of a journalist Yasunori Kawakami, a former head of middle east Africa division of Asahi newspaper, on support of Japanese NGO for Syrian and Palestinian refugees.

スピーカーは元朝日新聞中東アフリカ総局長の川上泰徳さん。講演では、川上さんが見た、パレスチナ子どものキャンペーンによる主にパレスチナのガザ地区にあるのろう学校支援が報告されていました。
Mr. Kawakami talked his observation on activities of an NGO Campaign for Children in Palestine. He mostly talked about situation of school for the deaf in Gaza Strip in Palestine.

頻発している戦争や紛争によって、パレスチナ・ガザ地区では現在2万戸以上が崩壊したままになっており、それも、空爆をしたイスラエルの承認が無いと再建が出来ないそう。そこで生まれた子どもたちは、生まれて間もない頃から戦争と、薬物依存やDVなどそれに由来する様々な社会問題の中で暮らしています。パレスチナ子どものキャンペーンは、そんな子供たちのために参加型の児童館を運営するなど、そのような人々や難民支援を、現地の人々が望む形で提供するように心掛けているといいます。例えば、食糧支援ですが、こちら本位でとりあえず缶詰めなどを送っても、文化の違いなどで食べられなかったら、現地の人たちはその缶詰はお金にするために売ってしまうらしいです。パレスチナ子どものキャンペーンでは、現地の人たちの声を聞き、ガスコンロを届けているといいます。本当に相手のためになる支援をいざというときに出来るためにも、日ごろからの交流が大切だと思わされました。

More than 20,000 houses still remain collapsed in Gaza Strip, and Israel, which bombed the area, have the control over reconstructions of the area. Israel arrows Palestine to rebuild only 1500 houses a year. Children born in this area live with wars, conflicts, and other social problems derive from them such as drag dependence and domestic violence, from their born. CCP organizes a participatory children’s house for such children. Like that, CCP tries to provide appropriate support which really helps people in need. For example, CCP does not just send cans for food supply because cans might not help refugees because of cultural differences and so on. It happens that refugees sell cans when they cannot eat them. Instead, CCP sends gas stove so that refugees who does not have their home can cook. To be able to help in the most desirable way even in the time of unexpected disaster, regular interaction is very important, I felt.

また、パレスチナ地域では、聴覚障害者の割合が7/1000であり、世界平均の1/1000の7倍になっているそうです。原因としては、戦争の絶えない悪環境と、文化的な近親者間結婚が考えられるといいます。パレスチナ子どものキャンペーンが支援するアトファルナろう学校が1992年に設立されてからは、聴覚障害者に対する理解が深まってきているというのは興味深かったです。

In Palestine area, 7 people in 1000 people have hearing difficulties. This number is 7 times as much as the world average. There are two possible reasons. One is disastrous environment with continuous wars and the other one is Islamic culture of marriage with close relative. Since Atfaluna Society for Deaf Children was established in 1992, they have been successfully gaining understanding from society.

今回は印象的だったことをシェアしたいです。それは、政治的支援と人道的支援とがあるが、人道的支援の意義です。問題を根本的に解決していくには、抑圧している側を変えなければいけないというのがそれまでの私の認識だったのでした。実際に困っている、抑圧されている側を支援することによって、特に子どもを支援することによって、支援されている人がより良い未来を作り出すということです。抑圧されていてそこから救われない人は、されていることと同じことをしてしまうかもしれないけれど、支援される人々はおそらく他人を抑圧する側にはならない。抑圧している人々も結局は何か満たされなさを感じているのだろうから、それに対して平和的な解決を試みたいとも思います。政治的支援も、人道的支援も、少なくともふたつの大事な軸があるようです。

I would like to share what was impressive. That is the value of humanitarian support compared to political support. Since then, I had believed that we people who oppressed others need to be changed to solve those kinds of problems such as refugee problem. However, supporting people suffering oppression can create peaceful future because mostly likely they are not going to need oppress others and build a better society. People who are oppressed but not getting help might oppress others in their future, but who are getting help could be different. The power of support is wonderful. Although, I do not want to give up on people who oppress others because I believe they are not really happy even if they get something by hurting others. They might not have something they need to live as well. Therefore, still, both humanitarian and political supports are important.

形は様々あるので、支援するというのは誰でも出来ることなはずです。応援してくれている人がいるという温かい気持ちを、未来の平和を作り出すその気持ちを、より多くの人に持ってもらえるために、支援の輪も広がっていってほしい、広げていきたいと思いました。

Everybody can help or support in some way. I strongly desire that more and more people and everyone in the end have the heart to support others, which warms up others’ heart by letting them feel that they are supported, so that makes it possible to create better and more peaceful society.

パレスチナ子どものキャンペーン:
http://ccp-ngo.jp/

Campaign for Children in Palestine (CCP):
http://ccp-ngo.jp/