祈り -自分への誓い- Prayer -Vow to Yourself-

IMG_1394

宗教には悲観的だったけれど、祈りについて考えてみた。神頼みしたお願い、神頼みしっぱなしで自分では頑張らないということはあるだろうか。ほとんどないのではないかなと思う。頑張っていることがどうにか成功しますようにと祈ることが多いのではないだろうか。逆に、自分が努力していないことなんて、意識もしていないから思いつきさえ、祈りさえしない。だから、今まで頑張ってきたことでなくても、祈るときに意識することができたら、それからは意識するようになったり力や時間を少し割くようになっていったりして、それからの生活を変えられるかもしれない。それまで祈る機会があったら、その前に時間をとって考えてみるといいかもしれない。今まで頑張ってきたことでなくても、大事なことだったけれどないがしろにしてきたことはないか。
私は今まで、神様に祈ったって仕方ないと思っていたりしたので、とりあえず世界平和とか、自分の力だけではどうしようもならなさそうなことの祈願をしていたが、自分のことに関することの祈願の有用性に気付き、自分の生活を振り返ってみた。
例えば、健康。今まで私は自身の体の健康なんてほとんど気をつけてこなかった。今まで意識してこなかったことなんて、気付けてもそれからどのように気をつけていけばいいのかと思ってしまうけれど、まず祈りという機会によって自分に誓うところから始めてみようと思う。
逆に、祈りは自分への意識付けになってしまうから、祈る内容はきちんと自分で吟味する必要があるはずだ。
Prayer is a vow to yourself. So you need to be careful and consider what you pray very well. Your words become your behavior. So you really should not just follow others’ prayer, even if that is a pastor’s, your parents’, or rulers’.

人生は短いって言うけれど・・ It’s said that Life is Short but..

人生は短いって言うけどさ、
人生は短いっていうより、
人生って「今」とか「数時間」とか「1日」とか「3年」とか「50年」とかの集まりでさ、こういう、人生を構成しているいろんな時間を、大切な人を大切にしたり、大切な人と楽しく過ごしたり、ただ一緒にいたり、とか、そんなふうにできたらいいんだろうね。

It is said that “Life is Short,”
but I guess it is more like
Life is a collection of “now,” “a few hours,” “a day,” “3 years,” “50 years,” and so on

So, life becomes beautiful
if we treasure someone important to you,
if we have fun with them,
and if we just be with them
for instance
on those various times, components of life

Time 時間

失って初めて気づくなんて言うけれど、気づく時間を取らないから、失って初めて気づくんだね。

だから、大切なものに気づいて、それを大切にする時間をとるって、何よりも大切。

people say they realize something when they loose something, but that’s because they don’t take time to realize.

So, it is really really REALLY IMPORTANT TO SPEND TIME TO know whats important and treasure those important things.

There is a hope

So called bad people have their personal reason to be cruel, and the way to solve it starts from trying to know their reason from their past, not from directly pointing out their cruelty.
悪い人が他人を傷つけてしまうのには、大抵の場合、彼らが気付いていなくても彼らなりの理由がある。悪い人を変える方法は、彼らの悪いところを真っ向から指摘・批判するのではなく、彼らをそうさせるに至った彼らの過去を知ることから始まる。

大切なものを大切にする大切さ The Importance to Treat Something Important Importantly

IMG_0177大切な人、友達、家族、平和、勉強・・・大切なものってたくさんあると思いますが、それらをきちんと大切に出来ていますか?大切にするっていうのは、それを尊重したり守ったり、積極的に何か行動を起こすこと。大切にすることを忘れていないだろうか?きちんと大切に出来ているだろうか・・・?
Important person to you, friends, family, peace, education… there are many important things. Do you treat your important things importantly? In other words, do you actively treasure what is important for you?

「大切なものを大切にする大切さ」に今日はっと気づかせてくれたのは、”プレイバックシアター”。プレイバックシアターでは、ある人が語ったストーリーを、周りの人が即興で劇にする。ある人は、どんな話をしてもかまわない。ある人は思い出を持ってくるし、ある人は、迷いを持ってくる。それを他人の劇で客観的に見る。また劇をする他人が語り手になりきる。一人劇じゃないから、語り手の周りにいる人たちの立場や思いも見えてくる。見えてくるものがたくさんある・・・。
What reminded me of that importance is “playback theater.” In a playback theater, one person tells his or her story and other people play(act) the story spontaneously. The story teller can talk about anything. Some people bring their memories, and some people bring their current problems. Then they watch their situation objectively in the play. Also, other people who act the play think about story teller’s situation and feelings well to act. It enable to reveal situations and feelings of people around the story teller as well… Playback theater shows pretty much a lot of important matters.

人って、大切なものを大切に出来ていない時、あるいは大切なはずなのに大切じゃないってふたをかぶせてしまっている時に、悩んだり苦しんだりするのかもしれない。そんなことがあったら、自分の心の中をのぞいて、大切なものが何だったのか、大切に出来ているか、確認してみるといいかもしれない。ちなみに、特に一人だと行き詰ってしまうとき、プレイバックシアターは大きく活用できる。
People suffer and feel in trouble when they do not treasure something important or when they think what important really is not important for them. Listen to your real voice at such time. Using playback theater is an effective way to solve problems too.

だから、大切なものを大切にするのは大切。
It is very important to actively treasure what is important for you.