Police Officers Apologize for Wrong Suspicion  この時代における、あるべき「国家の役割」とは?

 unnamed (1)
「黒人」の友人と歩いていたら、突然警察官3人が追いかけてきて、
I was walking with one of my “black” friends. Suddenly, three police men ran up to us and asked us,

「職務質問させていただいてもいいですか?」
“Can we do “item check” on you please?”

と言ってきた。非常に丁寧な書き方だった。驚いたけれど、考える間も無く、「どうぞ」と言っていた。
It was a very polite manner. We were absolutely surprised, and just said “sure.” We did not have a time to think.

3人のうち。2人の男性の警察官が、友人の所持品と身体検査を始めた。残りの1人の女性警察官は、私と残って話をしていた。「本当すみませんね、たまに麻薬を持ち歩いている人がいるんですよ。」など、そういうことを言っていた。
Then, two police men out of three started item check and body check ONLY on my friend. There was one more female police man left, and she was just talking to me. She was explaining that sometimes they find drugs by doing those “item check.”

私は疑問に思って聞きました。
So I asked,

 「彼は「黒人」の「外国人」だから検査されてるんですか?」
“Are you doing item check on him BECAUSE HE IS A FOREIGNER?”

彼女は、
Then she said,

「そういうわけではないです。」
“No.”

と言って、私のことも検査し始めた。空港でされる身体チェックよりも軽いものでした。
Then, she did a very light “item check” on me too. It was lighter than one at airports.

それでも、嫌な気持ちになりました。
Still, I felt horrible.

もう二度と同じことはされたくなかったので、
「既に職務質問をして、間違った嫌疑だった」
という旨の記載がある書類はないですか?
と聞いてみた。
I did not want be done such a thing again, so I asked them a document saying that “they already checked us and it was a wrong suspicion.”

そのようなものは用意されていない、とのことだった。
They said police does not have that kind of document.

「公共の福祉」のためで、仕方ないのだと言っていた。
The police men said these item checks are for “public welfare.”

日本国民の安全を守るために、警察がこのようなことをしなければいけないのは、よく分かる。国という概念が存在する限り。
I understand. I understand that they have to do those things, looking for foreigners and doing item checks of the foreigners and people with them, as long as the nation exists.

それに、ここで大事なことは、警察官にも「公共の福祉」のために何人かを犠牲にしたという認識があって、その人たちに嫌な思いをさせたことに対してきちんと謝罪するということだ。
And what is important is they apologized. They admitted that they invaded us, our feelings, and they were sincerely sorry for that.

警察の、理不尽でひどい話はたまに聞きます。アメリカなんかの警察は、信じられないほど非人道的なことをするから、それに比べたら日本は全然いいと言う人もいます。今回の話は、警察は彼らの仕事をしただけで、何の問題を見出さない人もいると思います。
I hear a lot of terrible unreasonable stories about police especially in the U.S. Compared to that, it can be said that there is a hope in Japan. Some people might think that the police men just did their job in this case and it was finished even nicely.

でも、社会の過半数の人たちのために、何人かを傷付けるのは仕方ないという考え方は、正当でしょうか?過半数の人たちを守るのが、本当に国家の役目でしょうか?統計的なデータがあったとしても、外国人差別は、本当に、「平和」や「国民の幸福」をもたらすでしょうか?
However, is it really justifiable to sacrifice some people for the majority? Is that really a nation’a job? Does discriminating foreigners really lead to “peace” or citizens’ well-being?

グローバル化しているこの世界で、私たちが探求するべきものは何でしょうか?国家の役割は何でしょうか?一人ひとりはどのように国家に責任を持つべきでしょうか?現状を目の前にして、これからどのような世界を目指すべきなのか、どのようにしたらその世界を実現できるのか、考えなければいけないきっかけが、今日ありふれていないでしょうか?
What should we pursue in this globalizing world? What should nations do? How individuals should be responsible for their nation? And, what kind of world should we try to achieve…?

問題発言「こんな人たち」Japanese Prime Minister Abe called his citizens “such people.”

自分の国民を「こんな人たち」と呼ぶ人間がどうして首相であれるのか。民主主義国家の政治家としての説明責任を果たさずして、一部の国民をけなし、自分のやりたいことばかり主張する。民主主義崩壊と独裁政権の始まりにしか聞こえない。これこそ辞任に至るべき問題発言ではないのか。非常に疑問で恐ろしい。

Japanese Prime Minister Abe called his citizens “such people.” He does not fulfill his duty as a politician in a democratic country to explain to his people but he spoke ill of his citizens. How can such a person be the Prime Minister of a democratic country??? It only seems like the beginning of collapse of democracy and authoritarianism. His statement is nothing but controversial statement which should lead to resignation. Japan is getting into really a dangerous situation.

南スーダンの声 Voice from South Sudan

Clashes between anti-government force and government troops have been already ceased, but still International humanitarian services have difficulties to reach there and people in South Sudan are still kind of abandoned. I received a heat-wrenching message from South Sudan expressing crisis there below:
南スーダンでの、反政府勢力と政府軍との戦闘は終わっているというものの、国際的な支援団体が現地に支援しに行くのも物資を届けるのもまだ難しい状況のようで、現地の人々は見捨てられたような状態になってしまっている。その危機的な状況を、南スーダン人が伝えてくれました:

“There is much starvation, sickness brake out and many are losing lives for lack of medication and lack of funds for treatment & feeding.
International humanitarian  service would like to find some ways to bring relief but not easy.
Personally I have not been feeding well right from the days of fighting in Juba, I tried to get some treatment but it was not easy for lack of funds and proper medical invitation facility which are not there, there were Chinese medical centers but have close down because of the fallen economy of the country and other centers have been destroyed or looted. That is why I want to go to Uganda, but if I go the question for money for treatment become out standing challenge.”
「危機的な飢餓と病気が発生していて、治療と食糧のための資金も薬もなく、多くの人が命をおとしています。国際的な人道支援団体も支援の方法を探っていますが、簡単ではないようです。
私個人としても、ジュバ(南スーダンの首都)で戦闘があった日からよく食べれてはおらず、何かしらの対処を得ようとしましたが、資金不足と医療機関も無いために、難しいです。中国人が営む医療センターがありましたが、経営難のためなくなってしまい、その他の医療センターも、破壊されたか略奪されてしまいました。だからウガンダに避難したいのですが、何にせよ治療のためのお金がないのが何よりの壁です。」

What can we do?
私たちにできることは何でしょうか?

南スーダン 徴兵制強化へ? Reinforce Military Service Program in South Sudan?

南スーダンでの反政府勢力と政府軍の間での衝突の中、頭の上を銃弾が飛び交い命からがら教会などに避難できる人々は避難したといいます。数日で停戦に至ったのは良かったですが、それでも数日かけてしまって、死者の数は270人に膨らんでしまいました。政府軍は兵役を強化するかもしれず、ウガンダなどへの避難を考えている人もいるようです。根本的な解決に向かってほしいと思います。
People in South Sudan are displaced to shelters in churches and some other places in awfully dangerous situation that bullets flying over their head in the fight between anti-government force and government troops. They reached cease-fire in a few days, but approximately 270 people died in the confusion. South Sudan government is probably going to start the military draft, and some people wish to move to neighboring countries such as Uganda. I hope they are going to try to reconcile and compromise fundamentally.

Why Rwanda is a Very Safe Country? ルワンダの安全はどこから来ているのか?

034

It is usually said that Rwanda is a safe country and had low crime rate. It is safe to walk outside at night for even women in most places.

ルワンダは犯罪比率が低く、平穏で安全な国と言われている。確かにそうで、女性が夜外を歩いていても大丈夫だと、在ルワンダ日本大使館の村田絵梨子さんも言っていた。

It seems doubtless that each Rwandan works for peace and harmony in his or her everyday life. They try to have no conflict. This is where I felt similarity with Japan.
ルワンダ人一人一人が平和を願って毎日それを体現しているのは疑いのないことだろう。衝突を避けようとするのは、日本人と似ているところだと感じた。

Also, security control in Rwanda is very strict. Especially in the evening, soldiers are standing with guns on streets in every few hundreds meters. When people see such force that often, they behave themselves without consciousness.
また、ルワンダの安全保障管理はとても厳しい。特に夜は、軍人が銃を持って数100mおきに立っており、軍人や銃を見慣れない日本人はとても威圧感を感じるかもしれない。そのような状況で、大抵人々は無意識に行儀良く行動するのではないだろうか。

Having Many Authority in Public → Few Crimes = Safe?
公共の場に多くの軍人を置くことによって得られる安全は「本当の安全」と言えるのだろうか?

Does Rwandan government trust Rwandans?
ルワンダ政府はルワンダ人を信用しているのだろうか?

Being kept an eye on every minute, even if Rwandans do not care anymore because that is their everyday life, can they act truly to their mind with confidence?
これが日常だから意識されていないかもしれないが、常に監視されている中で、自分に自信を持って言いたいことが言えるだろうか?やりたいと思うことが出来るだろうか?

Today’s leading party of Rwanda, RPF, Rwandan Patriotic Front, is very powerful. They emphasize that good strong leadership is important to maintain peace and harmony, and this emphasis is widely and deeply overspread among Rwandans. Even people work for genocide memorials throughout the country are sent from the government.
現ルワンダ政府を率いる政党であるルワンダ愛国戦線(RPF)は非常に強力な政党だ。良いリーダーが強いリーダーシップを持っていることが国の平和と調和を保つためには必要だと強調しており、その考えは国中のルワンダ人に広く浸透しているようだ。特に、大虐殺記念館などの機関には政府から人間が派遣されており、情報コントロールの徹底さを感じた。