Police Officers Apologize for Wrong Suspicion  この時代における、あるべき「国家の役割」とは?

 unnamed (1)
「黒人」の友人と歩いていたら、突然警察官3人が追いかけてきて、
I was walking with one of my “black” friends. Suddenly, three police men ran up to us and asked us,

「職務質問させていただいてもいいですか?」
“Can we do “item check” on you please?”

と言ってきた。非常に丁寧な書き方だった。驚いたけれど、考える間も無く、「どうぞ」と言っていた。
It was a very polite manner. We were absolutely surprised, and just said “sure.” We did not have a time to think.

3人のうち。2人の男性の警察官が、友人の所持品と身体検査を始めた。残りの1人の女性警察官は、私と残って話をしていた。「本当すみませんね、たまに麻薬を持ち歩いている人がいるんですよ。」など、そういうことを言っていた。
Then, two police men out of three started item check and body check ONLY on my friend. There was one more female police man left, and she was just talking to me. She was explaining that sometimes they find drugs by doing those “item check.”

私は疑問に思って聞きました。
So I asked,

 「彼は「黒人」の「外国人」だから検査されてるんですか?」
“Are you doing item check on him BECAUSE HE IS A FOREIGNER?”

彼女は、
Then she said,

「そういうわけではないです。」
“No.”

と言って、私のことも検査し始めた。空港でされる身体チェックよりも軽いものでした。
Then, she did a very light “item check” on me too. It was lighter than one at airports.

それでも、嫌な気持ちになりました。
Still, I felt horrible.

もう二度と同じことはされたくなかったので、
「既に職務質問をして、間違った嫌疑だった」
という旨の記載がある書類はないですか?
と聞いてみた。
I did not want be done such a thing again, so I asked them a document saying that “they already checked us and it was a wrong suspicion.”

そのようなものは用意されていない、とのことだった。
They said police does not have that kind of document.

「公共の福祉」のためで、仕方ないのだと言っていた。
The police men said these item checks are for “public welfare.”

日本国民の安全を守るために、警察がこのようなことをしなければいけないのは、よく分かる。国という概念が存在する限り。
I understand. I understand that they have to do those things, looking for foreigners and doing item checks of the foreigners and people with them, as long as the nation exists.

それに、ここで大事なことは、警察官にも「公共の福祉」のために何人かを犠牲にしたという認識があって、その人たちに嫌な思いをさせたことに対してきちんと謝罪するということだ。
And what is important is they apologized. They admitted that they invaded us, our feelings, and they were sincerely sorry for that.

警察の、理不尽でひどい話はたまに聞きます。アメリカなんかの警察は、信じられないほど非人道的なことをするから、それに比べたら日本は全然いいと言う人もいます。今回の話は、警察は彼らの仕事をしただけで、何の問題を見出さない人もいると思います。
I hear a lot of terrible unreasonable stories about police especially in the U.S. Compared to that, it can be said that there is a hope in Japan. Some people might think that the police men just did their job in this case and it was finished even nicely.

でも、社会の過半数の人たちのために、何人かを傷付けるのは仕方ないという考え方は、正当でしょうか?過半数の人たちを守るのが、本当に国家の役目でしょうか?統計的なデータがあったとしても、外国人差別は、本当に、「平和」や「国民の幸福」をもたらすでしょうか?
However, is it really justifiable to sacrifice some people for the majority? Is that really a nation’a job? Does discriminating foreigners really lead to “peace” or citizens’ well-being?

グローバル化しているこの世界で、私たちが探求するべきものは何でしょうか?国家の役割は何でしょうか?一人ひとりはどのように国家に責任を持つべきでしょうか?現状を目の前にして、これからどのような世界を目指すべきなのか、どのようにしたらその世界を実現できるのか、考えなければいけないきっかけが、今日ありふれていないでしょうか?
What should we pursue in this globalizing world? What should nations do? How individuals should be responsible for their nation? And, what kind of world should we try to achieve…?

There is a hope

So called bad people have their personal reason to be cruel, and the way to solve it starts from trying to know their reason from their past, not from directly pointing out their cruelty.
悪い人が他人を傷つけてしまうのには、大抵の場合、彼らが気付いていなくても彼らなりの理由がある。悪い人を変える方法は、彼らの悪いところを真っ向から指摘・批判するのではなく、彼らをそうさせるに至った彼らの過去を知ることから始まる。