Police Officers Apologize for Wrong Suspicion  この時代における、あるべき「国家の役割」とは?

 unnamed (1)
「黒人」の友人と歩いていたら、突然警察官3人が追いかけてきて、
I was walking with one of my “black” friends. Suddenly, three police men ran up to us and asked us,

「職務質問させていただいてもいいですか?」
“Can we do “item check” on you please?”

と言ってきた。非常に丁寧な書き方だった。驚いたけれど、考える間も無く、「どうぞ」と言っていた。
It was a very polite manner. We were absolutely surprised, and just said “sure.” We did not have a time to think.

3人のうち。2人の男性の警察官が、友人の所持品と身体検査を始めた。残りの1人の女性警察官は、私と残って話をしていた。「本当すみませんね、たまに麻薬を持ち歩いている人がいるんですよ。」など、そういうことを言っていた。
Then, two police men out of three started item check and body check ONLY on my friend. There was one more female police man left, and she was just talking to me. She was explaining that sometimes they find drugs by doing those “item check.”

私は疑問に思って聞きました。
So I asked,

 「彼は「黒人」の「外国人」だから検査されてるんですか?」
“Are you doing item check on him BECAUSE HE IS A FOREIGNER?”

彼女は、
Then she said,

「そういうわけではないです。」
“No.”

と言って、私のことも検査し始めた。空港でされる身体チェックよりも軽いものでした。
Then, she did a very light “item check” on me too. It was lighter than one at airports.

それでも、嫌な気持ちになりました。
Still, I felt horrible.

もう二度と同じことはされたくなかったので、
「既に職務質問をして、間違った嫌疑だった」
という旨の記載がある書類はないですか?
と聞いてみた。
I did not want be done such a thing again, so I asked them a document saying that “they already checked us and it was a wrong suspicion.”

そのようなものは用意されていない、とのことだった。
They said police does not have that kind of document.

「公共の福祉」のためで、仕方ないのだと言っていた。
The police men said these item checks are for “public welfare.”

日本国民の安全を守るために、警察がこのようなことをしなければいけないのは、よく分かる。国という概念が存在する限り。
I understand. I understand that they have to do those things, looking for foreigners and doing item checks of the foreigners and people with them, as long as the nation exists.

それに、ここで大事なことは、警察官にも「公共の福祉」のために何人かを犠牲にしたという認識があって、その人たちに嫌な思いをさせたことに対してきちんと謝罪するということだ。
And what is important is they apologized. They admitted that they invaded us, our feelings, and they were sincerely sorry for that.

警察の、理不尽でひどい話はたまに聞きます。アメリカなんかの警察は、信じられないほど非人道的なことをするから、それに比べたら日本は全然いいと言う人もいます。今回の話は、警察は彼らの仕事をしただけで、何の問題を見出さない人もいると思います。
I hear a lot of terrible unreasonable stories about police especially in the U.S. Compared to that, it can be said that there is a hope in Japan. Some people might think that the police men just did their job in this case and it was finished even nicely.

でも、社会の過半数の人たちのために、何人かを傷付けるのは仕方ないという考え方は、正当でしょうか?過半数の人たちを守るのが、本当に国家の役目でしょうか?統計的なデータがあったとしても、外国人差別は、本当に、「平和」や「国民の幸福」をもたらすでしょうか?
However, is it really justifiable to sacrifice some people for the majority? Is that really a nation’a job? Does discriminating foreigners really lead to “peace” or citizens’ well-being?

グローバル化しているこの世界で、私たちが探求するべきものは何でしょうか?国家の役割は何でしょうか?一人ひとりはどのように国家に責任を持つべきでしょうか?現状を目の前にして、これからどのような世界を目指すべきなのか、どのようにしたらその世界を実現できるのか、考えなければいけないきっかけが、今日ありふれていないでしょうか?
What should we pursue in this globalizing world? What should nations do? How individuals should be responsible for their nation? And, what kind of world should we try to achieve…?

A Survivor of the Genocide in Rwanda in 1994, Margret Mougarita Kanzougire (45) ルワンダ大虐殺生残者、マーガレット・モウガリタ・カンゾウギレさん

111

In the beginning of April in 1994, houses in the area she had lived started being set a fire and Tutsis were killed by extremist Hutu, so her family fled from their house. She was 25 years old pregnant with 2 children and her husband.

1994年の4月の始め、彼女が住んでいたエリアの家が焼かれ始め、ツチ族の人間がフツ族過激派によって殺され始めた。彼女の家族は非難することに決めた。その時彼女は、2人の小さな子供達を連れた妊婦だった。

They escaped to a church in Mukange, a city in Eastern province, and she found a lot of people fled from their home in many different places. However, there was no food.
彼女の家族はルワンダの東地区にあるムカンゲという都市にある教会に逃げてきた。そこには、ルワンダの様々な場所から人々が非難してきていた。しかし、そこには食糧が無かった。

It was 9th of April when first militia attacked the church. At this time, the militia had only traditional weapon so they did not manage to break into the church.
4月9日、その教会はフツ族過激派による最初の襲撃にあった。しかしその時は、襲ってきたフツ族過激派の市民兵は伝統的な武器しか持っていなかったため、レンガ造りの教会を破壊して入り込むことは出来なかったらしい。

3 days later, the militia came back with guns and oil. They threw oil into the church and started burning it with people in it. Magret said she saw blood, organs, and parts of bodies everywhere.

3日後、フツ族過激派の市民兵は銃とガソリンと共に戻ってきた。彼らは教会の中にガソリンを投げ入れ、火をつけた。マグレットはそこらじゅうに血や内臓、体の部分が散乱しているのを見たという。

In the morning of the following day, the militia got able to get into the church with spires, clubs, and swords, and they killed Tutsis. Somehow Magret survived but she said she did not know how. Some weak people were not targeted to kill.

次の日の朝、市民兵は弓矢やこん棒、刀を持って教会の中に入り込み、ツチ族の人々を殺し続けた。マグレットはどうやって自分が生き残ったのか分からないという。少数の弱者は標的にされなかったらしい。

She was told to go back home, but she found murder happening outside the church immediately, so she hid in bushes. She kept hiding fighting against hunger and thirst until RPF came to rescued her.

彼女は家に帰るように言われたが、教会を出てすぐ殺人を目撃したため、草むらの中に身を隠した。空腹とのどの渇きと闘いながら、ルワンダ愛国戦線が助けに来るまでそこに隠れ続けたらしい。

After the genocide, she worked hard and regained hope for future. She said religion, Christianity, helped her as well.

大虐殺の後、彼女は小さな子供たちのために必死に働き、未来への希望を取り戻した。彼女が信仰しているキリスト教にも助けられたという。

She thinks love and good education which teaches respect differences and others are important. Also family has responsibility against crimes, she said.

愛と、違いや他の人々を尊重することを教える良い教育が重要だと、彼女は言う。また、犯罪が無い社会のためには、家族にも責任があると語った。

117

During the interview, children gathered and listened to her story together.

インタビュー中、子供たちが集まってきて、一緒にマグレットの話に耳を傾けていました。

Discrimination of Singapore Toward Black シンガポールの黒人差別

A Kenyan tourist was taken to the office for investigation at the immigration of Singapore without given any reason.

ケニア人旅行客がシンガポールの入国審査で説明無しに取り調べに連れて行かれた。

He was checked for almost one hour that he would definitely be going back from Singapore even though he had already showed his printed return ticket. The officer almost violate his and his company’s person information by asking him to show the ticket online on the officer’s personal mobile phone.

プリントされた帰りのチケットを見せているにも関わらず、確実にシンガポールから出ることを確証するために1時間近くも取り調べを受けた。入国審査官は、自分の個人のスマートフォンを使ってケニア人とその同伴者の航空会社アカウントを入力させようとした等、個人情報を犯すようなことまで行った。

The only reason he was given that he had to be investigated was “it is just a normal custom for everybody.” His company (Japanese) asked the officer the reason as well, but the result was the same.

ケニア人とその同伴者であった日本人は、取り調べを受ける理由を尋ねたが、「全員通る普通の習慣です」との返答しかなかった。

However, that was obviously not a normal custom. Hundreds of people, mostly Asians, went through the immigration without taken to investigation. Only him, Kenyan, was almost refused to enter the country even though Singapore does not require a visa for a short trip from Kenyans.

しかし、これは明らかに「全員通る普通の習慣」ではなかった。何百人もの人、ほとんどがアジア人、がケニア人が取り調べを受けている間に入国審査を通った。シンガポールはケニア人に、短期観光にはビザの取得は要求していないにも関わらず、彼は入国を拒否されたかのようだった。

The Kenyan faced discrimination says that he was discriminated because he was black. He is an international student at a prestige university in Japan and does not have any questionable history. He has traveled to several countries, but it was his first country and experience that he was treated unjustifiably and was wasted his time.

差別に直面したケニア人は、自分は黒人だから差別されたのだと思うと言っていた。彼は日本にある大学で勉強している大学生で、犯罪歴も何もない。今までいくつかの国々を訪れてきたが、今回のような経験はシンガポールが初めてで、時間を理不尽に無駄にさせないで欲しいと、入国審査が終わった時に入国審査官に言ったらしい。

We need no prejudice and no discrimination or an understandable explanation as respect of a person. It is not clear if it was the officer’s discrimination or Singapore’s discrimination, but officers represent their country. When we face different kinds of people, we represent our own group. I hope everyone shows others nice parts of him or her and behaves responsibly so he and she creates harmony and peace.

偏見や差別でないのなら、納得のいく説明が必要である。入国審査官の差別だったのか、シンガポールの差別なのかははっきりとはしないが、入国審査官は、他の国からの一人一人と接する時、その国の代表である。皆、自分と違う人々と向き合う時、国籍・世代・性別など、自分の属性を代表している。他人と接する時、ぜひ素敵な面を外に出して調和や平和に貢献してほしい。

IMG_1806

A statue named “A World United” at the Marina Bay in Singapore