サイバーセキュリティ Cyber Security

知らないところで私たちを、身を粉にして守ってくれてる人がいる。
There are people who protect others while those others do not know the fact.

名和2
「私は昨晩、6時間寝てしまったから、すでに専門家でなくなってしまった」
“I slept 6 hours last night, so I am no longer a professional…”

身元のバレないサイバー環境で、他人を攻撃する人の人間性と、そういう人の多さには胸が痛む。
そんなサイバー攻撃を撃退してくれているのが、セキュリティーエンジニア。
セキュリティーエンジニアがハッカーを突き詰めて、”I know you” とメッセージを送ると、ハッカーは攻撃をやめるらしい。
他人の痛みや置かれる状況を想像する力の重要性に気づかされる。
IT教育も大事だが、それでは根本的な問題の解決にはならないだろう。
Hackers attach others in cyber world, where they can be anonymous. This dirty, coward, and heartless behavior and their inhumane humanity seriously hurts my heart and so as the large number of such people. Security engineers are the ones who fight off hackers. When security engineers find out hackers and send them a message “I know you,” they back away from their crime. This fact reminds us of the importance of imagination, the ability to empathize, the ability to imagine pain and situation of others. IT education is also important, but this cannot be the fundamental solution for this problem of cyber crime. I strongly recommend to add peace studies to education curriculum so that people can gain the ability to imagine and empathize.

ハッカーを取り締まる法令は、その他の物理的な犯罪を取り締まる法令よりずっと弱いようだ。
Law enforcement to oversee hackers are much weak compared to the one for physical crimes.

極秘情報を入手しようとする試みはどの国でも極秘で行われているからかもしれないが、それも虚しい。
Probably it is because many countries secretly try to get secret information from other countries, but this is such a sad and miserable situation.

これもサイバー攻撃が増え悪質化する困った原因だと思うが、セキュリティーエンジニアがあまりにも足りていないのも現状。今日本を絶え間ないサイバー攻撃から守ってくれているトップセキュリティーエンジニアは、仲間を増やしたいと切実に思っている。
This weak legal system is also a reason of the dramatic increase of the number of cyber attacks and their viciousness, but too small number of security engineers is a huge serious problem as well. Top security engineers who protect their country from everlasting cyber attacks desperately desire to have fellows.

名和
NHK プロフェッショナル 不屈のトップガン、サイバー攻撃に挑む

絶望的なくらい厳しい現実を知ったところで、それを現実と捉えて終わることも、改善することもできる。社会を構成している一員として、あなたはどちらを選ぶだろうか。
When we get to know a harsh reality which also seems so hopeless, we can take the fact just as a reality and leave it, but also we can change the reality for the better. As a member of a society, which would you choose?