サイディア・フラハ Saidia Furaha

ケニアで日本人が運営する孤児院、サイディア・フラハ。
児童養護施設がメインですが、1993年から無料の幼稚園もあります。おととしからは小学校も開設しました。
サイディア・フラハは、「幸福の手助け」という意味です。

Saidia Furaha is a children’s home owned by Japanese.
Other than orphanage, it also organizes free kindergarten from 1993. 2 years ago, they opened an elementary school as well.
Saidia Furaha means “helping happiness.”
1240

会社勤めは合わないなと思い、30年ほど前にケニアの養護施設でボランティアをし始めて、今はこのサイディア・フラハを運営する荒川勝巳さん。

This is Katsumi Arakawa, one of the joint representative of Saidia Furaha. He came to Kenya and started volunteer work at different orphanage in Nairobi around 30 years ago.

1272

児童養護施設では、現在は女の子のみ受け入れていて、15人の女の子がいる。両親を亡くした子、シングルマザー家庭で育ってもう母親を亡くしてしまった子、またはシングルマザーが病気の子、スラムの子どもたちなどを受け入れている。両親がいなくても、たいていの子は探せば親戚がいるのだが、親戚がいる子は避けていると言う。親戚に暴力を振るわれているなどの報告がある子供たちは受け入れている。

Saidia Furaha orphanage accepts only girls today, and there are 15 girls now. There are children who lost parents, children raised by single mother who is sick, and children from slums. Most of children have their relatives when they we search, and Saidia Furaha tries to avoid to accept those children who have relatives. But when there is a report that his or her relative is violent to the child, they accept.

1453

上の写真の箱は、養護施設に入っているひとりひとりが持っているお道具箱。ケニアの学校ではこんなお道具箱を使うらしい。日本の小学校で使うようなお道具箱よりずっと大きい。

Children in orphanage get this box to keep their stuff. This is also the box all elementary students have in school.

1343

こちらは小学校の教室の様子。

This is a classroom of elementary school.

1344

小学校は今は3年生までしかなくて、4年生以降の校舎も建てるために、外壁になるブロックが中庭には積まれていました。

Its elementary school has classes only up to 3rd grade now, and they are trying to build classrooms for higher than 4th grade.

ケニアの公立の小学校は、クラスに100人くらい生徒がいるところもあるようで、質の良い教育を届けることと、またサイディア・フラハのプロジェクトの資金集めのために、小学校を始めました。資金集めは、いつも課題だそうです。サバンナ・クラブなどの団体や個人が支援をしている。お金の流れやシステムや制度は、全員に平等ではないから、必要があるところにそれを流せる人間になりたい。

Some elementary schools in Kenya have 100 students in a classroom. Therefore, Saidia Furaha started elementary school to deliver quality education, and also to raise a fund. Finance management is always their challenge. Some organizations such as Savannah Club and individuals support Saidia Furaha. Flow of money and systems are not always fair to all people, so things need to be sent to where in need manually, sometimes.

1416

生徒が書いた絵が貼ってある。特徴的なのは、絵を描くのに種を使っていること。ケニアではこれは普通らしい。

Children use seeds to draw. It is common in Kenya.

1516

自主的に掃除をしている子供たち!!!左の子が持っているのはほうき。右の子はぞうきんで床を拭いている。

These children are actively cleaning the place!!! Impressive. The child wearing a red shirt has a broom, and the child sitting down is wiping the floor.

1729

教室に囲まれた中庭には遊具が設置されている。すべり台、シーソー、ブランコ。

There are playground equipment such as slide, swing, and seesaw.

1431

自立支援のために裁縫教室も運営していて、上の写真はミシンの機械の土台部分。外からの侵入者に盗まれてしまうから、上の部分はもっと安全なところに保管する。

Saidia Furaha also runs sewing class as self-reliance support. Desks with a hole in the picture above are the base of sewing machines. Sometimes strangers come and steel machine parts, so they save them in safer place.

1506

裁縫教室の生徒たちは、ケニアの美しいキコイという布で、タオル、ズボンなどの洋服、ポーチ、髪飾り、エプロンなどを作ります。ハイクオリティでリーズナブル、ご興味のある方は、ぜひサイディア・フラハの荒川さんにお問い合わせください!

Students of sewing class produce towels, clothes such as pants, apron, pouch, hair accessories and so on, out of Kenyan beautiful cloth called Kikoy. They are high quality and reasonable! If there is anyone interested, please contact Mr. Arakawa.

1346

以前ボランティアで井戸を掘ってくれた団体があるようで、水には困っていないようでした。水は、写真の奥のほうに見える窓から外部にも販売していますが、20リットルでたったの3 ksh、たったの3.5円くらいです!!普通にペットボトルに入った水をスーパーなどで買うと、とてもそんな安くはないです。

A volunteer group dug a well. They sell water from the window behind the well in the picture to people outside and they charge 3 ksh, about 2.5 cents for 20 liters. Bottled water in supermarkets are not this much cheap.

1427

こちらはサイディア・フラハの中で一番きれいな?トイレっぽいトイレ。それでも水は流れないので、自分でバケツから水を流します。シャワーは無いので、お風呂といえば行水です。

This is the cleanest toilet in Saidia Furaha. But it is not a flush toilet, so people need to put water by themselves after use. There is no shower, so people do tub-bathing.

1738

夕食の様子。この日の夜ご飯は、日清食品からいただいたインスタントラーメンでした。具は、少しだけお肉が入っているだけ。

Dinner. This day’s dinner was instant noodle which was donated by Nisshin Foods Holdings.

242

幸福の手助け・・・真の幸福は、みんなが幸せになった時にしか、得られないのかもしれない。

Helping happiness… probably people cannot attain real happiness leaving others.

障害児のための孤児院 School for the Deaf & Autistic Children

障害を持つ子供たちのための孤児院、Brook Special Schoolを訪れました。ナイロビの少し北のZimmermanというところにあります。
I visited Brook School for the Deaf and Autistic Children in Zimmerman in Kenya. To my impression, it is like a special orphanage for children with disabilities.

子供たちは最初はとてもシャイだったのですが、握手をして、一緒に写真を撮ってくれました。
Children there were shy, but they shook hands with me.

567580

ここの施設には、38人の子供がいます、と案内をしてくださったのは、創設者のTimothy Liani。最年少は、捨てられていた9ヶ月の赤ちゃん、最年長が性的暴力を受けて育った20歳の女の子です。
There are 38 children. A man in the picture above is Timothy Liani, the founder of this place. The youngest child is 9 months abandoned baby and the oldest is 20 years old girl who has experienced sexual violence.

ほとんどの子供たちが、聴覚に障害があったり、自閉症児です。彼らを社会復帰させるのがここの施設の役割です。解説して6年になります。
Most of children there are deaf and/or autistic. The most important object of Brook Special School is to let children transform and integrate with society.

9人のスタッフがいて、ボランティアをしてくれる個人や、支援をしてくれる企業もあります。
There are 9 staffs but volunteer individuals and companies help the school a lot as well.

障害を「知らない」人々はまだ多いようで、社会に受け入れられているかというと、そうではありません。なので、今は「外」とつながるためにも、2つのプロジェクトをしています。
There are people who do not know disabilities, so the school is running 2 projects to connect with “outside”.

ひとつが、ごみを活用するプロジェクト。普通の人はごみにしてしまうものを役立てようというもの。もうひとつが、荒れ地になっている土地を活用して、自給自足の生活が出来るように作物を育てようという者です。他にもプロジェクトのアイディア募集中だそうです。
One is “Farm Project.” It tries to make the most of lands which are not being used and to achieve self-sustaining life. The other one is “Waste Managing Project.” They collect wastes produced by others and try to make use of them.

597

Brook Special Schoolには、今まで人間として扱われてこなかった子供たちも多いです。
上の写真は、子供たちが色や形を覚えるのに使える道具。United States International Universityが寄付してくれたものだそう。
Children in this school were not treated as human beings in their life before they came into Brook Special School.
A took in the picture above help children differentiate color and shape. USIU donated these kinds of tools.

628

彼の名前はムンギ。彼は動物と一緒に飼われるように扱われていたそう。今は素敵な笑顔を向けてくれるけれど。
Before he came to this school, he had been kept with animals.

605

ムンギは、補助の道具を使って文字を書いています。
Pencil holder help him to write.

589

鏡は子どもたちが自分自身を認識するのに役立つし、テレビは子どもたちが真似して覚えられるような映像を見せるのに使います。
Mirror help children to practice to communicate, and TV help them to learn behaviors.

590

電話のおもちゃをコミュニケーションを教えるのに使ったり、砂を認知能力を育てるのに使ったりもするそうです。
They use sand to cope with cognitive issue.

592

上の写真はろうそくを消す練習になるもの。口の使い方の練習になる。
This is “candle blow.” It helps children to learn how to use mouth.

587

この私が持っているダチョウは、ビーズとワイヤーを使って子供たちが作ったもの。細かい作業をする練習にもなるのだと思います。この施設の運営のための資金集めのために、作って売っています。私も一ついただいてきました。とてもしっかりしているので、ぎゅうぎゅうづめのスーツケースに入れても全然大丈夫でした。気になる方はぜひご連絡ください^^
They can make any kinds of animals like ostrich above out of beads and wire. They sell them and manage to run this school.

645

2人の赤ちゃん、に見えるのですが、左の子は9歳、右の子は9か月・・。二人とも障害児なのですが、見捨てられていたところをTimothyに救われました。
They look like 2 babies… but the left one is 9 years old and the right one is 9 month. They were abandoned.

619

人間として扱われてこなければ、用を足すときにトイレに行くということも知らない。子どもたちはTimothyを見るとトイレに行くそう。
Children here had not been provided a wash room, so they are learning that they go to a wash room when they do toilet. When they see Timothy, they know it is time to go to wash room.

690

このBrook Special School自体も、いいところにあるとは全然言えない。
It cannot be said that the area Brook Special School is in is a good area.

694

全ての人が人らしく生きられるように・・・
Let all persons live as a person.

道のりは長いけれど、全然絶望的じゃない。
It is a long way but it is not hopeless at all.

Brook Special School:
http://brookspecialschool.org/index.html

Facebook:
https://www.facebook.com/BrookSpecialSchool

 

LBI (Little Bee International) gives the weak of the weak hope 弱者中の弱者を助けるNPO法人 LBI Japan

LBI is a NPO which specifically support women and children in a slum on Kenya.
LBIは、ケニアのスラムの人々を支援する団体です。スラムの人々の中でも、特に厳しい生活を送っている女性や子供の支援をメインに行っています。

LBI_main

They try to let women and children in Korogocho slum in Kenya be financially and mentally independent so they can live life with dignity. They aim at letting Japanese know wonderful aspects of Africans and building relationships connected by each person’s small efforts and smile.
「アフリカ・ケニアのコロゴッチョスラムの女性や子供たちに、甘 えではなく”自律”と”自立”に基づいた生きる力を育てます。 日本の皆さまにもアフリカの人々の魅力が伝わるように、一人一 人の小さな力を合わせた つながりが、笑顔で結ばれていく関係を目指します。」ーLBIホームページより

LBI_comment

As a LBI friend, they introduce my comment on their web site:
LBI Friendとして、コメントが掲載されました:
There are so many kinds of jobs. I wish people who have high profile jobs to remember that they can outstand because of others are doing what they need to make their life. Appreciating self and others for being able to be the way we are is important. I want to live life like that in the way everyone can be happy.
誰にでもできると思われる仕 事はたくさんあるけれども、 そうでない仕事をさせても らっている人々は、彼らが際 立つことが出来るのは他の 人々に大きく寄っているとい うことをずっと覚えていて頂 きたいと思います。 私たちが私たち自身でいられ ることを自分と他人全ての 人々に感謝して、みんなが幸 せに暮らしていけるように生きて行きたいと思います。

It costs only $500 for a child to go to secondary school for a year. LBI helps you to be hopeful and ambitious that you can do something as well. It is a good opportunity to think about what happiness is and what good is. I hope LBI grows more and increases the lowest level of lives.  Also, I hope LBI helps people to increase the consciousness as a global citizen and face social problems as theirs.
年間5万円で一人の子どもが、中・高の教育を受けられると教え てもらい、具体的に自分にも何が出来る、と感じさせてくれたのもLBIです。 何が幸せで何が良いのかを考えさせられる良い機会にもなると思 うので、LBIが更に発展し、ケニアのスラムでより良い生活をす る人が増えることと、世界中の人々の世界市民意識が向上するこ とを願っています。

Link to LBI:
http://www.littlebeesinternational.org/

“Does Your Skin Become Black as Mine? ” 「あなたの肌の色も、私の肌の色のように黒くなる?」

A 11 years old kid asked me in a village in Rwanda:

“Does your skin color turn to as black as my skin color if you stay in Rwanda?”

ルワンダの村で11歳の男の子に聞かれました。

「あなたもルワンダにいたら、私たちのように肌が黒くなる?」

IMG_0554

–Usamase Ownera, 11 years old.
–His dream is to become a minister.

–彼の夢は、大臣になること。

I was a little surprised that they are very conscious about their skin color.
They were curious and asked me many questions, but it was one of first questions.
How would you answer to this question?

私は彼らの質問に少し驚きました。彼らが自分たちの肌の色をとても意識していることにきづかされたからです。

彼らはとても好奇心旺盛で、私にたくさん質問をしましたが、この質問は最初の方に出てきた質問でした。

あなただったら彼のこの疑問にどう答えますか?

I get darker when I am exposed to sunlight.

私は日焼けはするけれど、どんなに焼けてもそこまで肌の色は変わらない。

Sunlight is very strong in Rwanda because it is close to the equator. Its distance to the equator is about 134 miles (216 km. Distance between its capital Kigali and the equator.)
I experienced headache and feeling of sick after exposure in the sunlight for a few hours.

赤道から216 km の場所にあるルワンダの首都キガリでの日光はとても強い。

Rwandans, even children there, know it is not good to be exposed in strong sunlight for a long time.
They try to be in shade. Some of them use umbrella, but it seems umbrellas are not affordable for most of them.

ルワンダの人も傘を日傘に使っていたが、傘を持つ金銭的余裕がある人は稀なようだ。

Children are smart. They try to cover their head with their clothes.

しかし子供たちはとても賢く、服を頭にかぶって日光をしのいでいた。

IMG_0572

–Ihiwape, 9 years old.
–His dream is to become a pastor.

–彼の夢は、牧師になること。