Police Officers Apologize for Wrong Suspicion  この時代における、あるべき「国家の役割」とは?

 unnamed (1)
「黒人」の友人と歩いていたら、突然警察官3人が追いかけてきて、
I was walking with one of my “black” friends. Suddenly, three police men ran up to us and asked us,

「職務質問させていただいてもいいですか?」
“Can we do “item check” on you please?”

と言ってきた。非常に丁寧な書き方だった。驚いたけれど、考える間も無く、「どうぞ」と言っていた。
It was a very polite manner. We were absolutely surprised, and just said “sure.” We did not have a time to think.

3人のうち。2人の男性の警察官が、友人の所持品と身体検査を始めた。残りの1人の女性警察官は、私と残って話をしていた。「本当すみませんね、たまに麻薬を持ち歩いている人がいるんですよ。」など、そういうことを言っていた。
Then, two police men out of three started item check and body check ONLY on my friend. There was one more female police man left, and she was just talking to me. She was explaining that sometimes they find drugs by doing those “item check.”

私は疑問に思って聞きました。
So I asked,

 「彼は「黒人」の「外国人」だから検査されてるんですか?」
“Are you doing item check on him BECAUSE HE IS A FOREIGNER?”

彼女は、
Then she said,

「そういうわけではないです。」
“No.”

と言って、私のことも検査し始めた。空港でされる身体チェックよりも軽いものでした。
Then, she did a very light “item check” on me too. It was lighter than one at airports.

それでも、嫌な気持ちになりました。
Still, I felt horrible.

もう二度と同じことはされたくなかったので、
「既に職務質問をして、間違った嫌疑だった」
という旨の記載がある書類はないですか?
と聞いてみた。
I did not want be done such a thing again, so I asked them a document saying that “they already checked us and it was a wrong suspicion.”

そのようなものは用意されていない、とのことだった。
They said police does not have that kind of document.

「公共の福祉」のためで、仕方ないのだと言っていた。
The police men said these item checks are for “public welfare.”

日本国民の安全を守るために、警察がこのようなことをしなければいけないのは、よく分かる。国という概念が存在する限り。
I understand. I understand that they have to do those things, looking for foreigners and doing item checks of the foreigners and people with them, as long as the nation exists.

それに、ここで大事なことは、警察官にも「公共の福祉」のために何人かを犠牲にしたという認識があって、その人たちに嫌な思いをさせたことに対してきちんと謝罪するということだ。
And what is important is they apologized. They admitted that they invaded us, our feelings, and they were sincerely sorry for that.

警察の、理不尽でひどい話はたまに聞きます。アメリカなんかの警察は、信じられないほど非人道的なことをするから、それに比べたら日本は全然いいと言う人もいます。今回の話は、警察は彼らの仕事をしただけで、何の問題を見出さない人もいると思います。
I hear a lot of terrible unreasonable stories about police especially in the U.S. Compared to that, it can be said that there is a hope in Japan. Some people might think that the police men just did their job in this case and it was finished even nicely.

でも、社会の過半数の人たちのために、何人かを傷付けるのは仕方ないという考え方は、正当でしょうか?過半数の人たちを守るのが、本当に国家の役目でしょうか?統計的なデータがあったとしても、外国人差別は、本当に、「平和」や「国民の幸福」をもたらすでしょうか?
However, is it really justifiable to sacrifice some people for the majority? Is that really a nation’a job? Does discriminating foreigners really lead to “peace” or citizens’ well-being?

グローバル化しているこの世界で、私たちが探求するべきものは何でしょうか?国家の役割は何でしょうか?一人ひとりはどのように国家に責任を持つべきでしょうか?現状を目の前にして、これからどのような世界を目指すべきなのか、どのようにしたらその世界を実現できるのか、考えなければいけないきっかけが、今日ありふれていないでしょうか?
What should we pursue in this globalizing world? What should nations do? How individuals should be responsible for their nation? And, what kind of world should we try to achieve…?

人間のすごいところ

人間のすごいところ

人種を越えて仲良くできるところ

攻撃し合わなくても話し合いできるところ

他人のことを理解しようと努力できるところ

ものとごとを、他人の立場からもとらえることができるところ

問題を、改善のチャンスととらえることができるところ

困っている他人を見捨てない優しさを持てるところ

どんなに遠くにいる人でも助けを差し伸べられる技術を開発し、それを使えるところ

ひとつひとつの命が尊いということを認識できるところ

謝ることができるところ

許して建設的になれるところ

 

より良い世界を作っていこうと、協力し合えるところ

 

みんなで人間らしい人間になろう

支援の力 Power of Support 

ガザ
(写真:The Wall Street Journalより。Photo from The Wall Street Journal)

3月5日に、 パレスチナ子どものキャンペーン主催の講演会 「ジャーナリストの見た支援現場~日本のNGOとシリア難民・パレスチナ難民支援」に参加してきました。
There was a presentation of a journalist Yasunori Kawakami, a former head of middle east Africa division of Asahi newspaper, on support of Japanese NGO for Syrian and Palestinian refugees.

スピーカーは元朝日新聞中東アフリカ総局長の川上泰徳さん。講演では、川上さんが見た、パレスチナ子どものキャンペーンによる主にパレスチナのガザ地区にあるのろう学校支援が報告されていました。
Mr. Kawakami talked his observation on activities of an NGO Campaign for Children in Palestine. He mostly talked about situation of school for the deaf in Gaza Strip in Palestine.

頻発している戦争や紛争によって、パレスチナ・ガザ地区では現在2万戸以上が崩壊したままになっており、それも、空爆をしたイスラエルの承認が無いと再建が出来ないそう。そこで生まれた子どもたちは、生まれて間もない頃から戦争と、薬物依存やDVなどそれに由来する様々な社会問題の中で暮らしています。パレスチナ子どものキャンペーンは、そんな子供たちのために参加型の児童館を運営するなど、そのような人々や難民支援を、現地の人々が望む形で提供するように心掛けているといいます。例えば、食糧支援ですが、こちら本位でとりあえず缶詰めなどを送っても、文化の違いなどで食べられなかったら、現地の人たちはその缶詰はお金にするために売ってしまうらしいです。パレスチナ子どものキャンペーンでは、現地の人たちの声を聞き、ガスコンロを届けているといいます。本当に相手のためになる支援をいざというときに出来るためにも、日ごろからの交流が大切だと思わされました。

More than 20,000 houses still remain collapsed in Gaza Strip, and Israel, which bombed the area, have the control over reconstructions of the area. Israel arrows Palestine to rebuild only 1500 houses a year. Children born in this area live with wars, conflicts, and other social problems derive from them such as drag dependence and domestic violence, from their born. CCP organizes a participatory children’s house for such children. Like that, CCP tries to provide appropriate support which really helps people in need. For example, CCP does not just send cans for food supply because cans might not help refugees because of cultural differences and so on. It happens that refugees sell cans when they cannot eat them. Instead, CCP sends gas stove so that refugees who does not have their home can cook. To be able to help in the most desirable way even in the time of unexpected disaster, regular interaction is very important, I felt.

また、パレスチナ地域では、聴覚障害者の割合が7/1000であり、世界平均の1/1000の7倍になっているそうです。原因としては、戦争の絶えない悪環境と、文化的な近親者間結婚が考えられるといいます。パレスチナ子どものキャンペーンが支援するアトファルナろう学校が1992年に設立されてからは、聴覚障害者に対する理解が深まってきているというのは興味深かったです。

In Palestine area, 7 people in 1000 people have hearing difficulties. This number is 7 times as much as the world average. There are two possible reasons. One is disastrous environment with continuous wars and the other one is Islamic culture of marriage with close relative. Since Atfaluna Society for Deaf Children was established in 1992, they have been successfully gaining understanding from society.

今回は印象的だったことをシェアしたいです。それは、政治的支援と人道的支援とがあるが、人道的支援の意義です。問題を根本的に解決していくには、抑圧している側を変えなければいけないというのがそれまでの私の認識だったのでした。実際に困っている、抑圧されている側を支援することによって、特に子どもを支援することによって、支援されている人がより良い未来を作り出すということです。抑圧されていてそこから救われない人は、されていることと同じことをしてしまうかもしれないけれど、支援される人々はおそらく他人を抑圧する側にはならない。抑圧している人々も結局は何か満たされなさを感じているのだろうから、それに対して平和的な解決を試みたいとも思います。政治的支援も、人道的支援も、少なくともふたつの大事な軸があるようです。

I would like to share what was impressive. That is the value of humanitarian support compared to political support. Since then, I had believed that we people who oppressed others need to be changed to solve those kinds of problems such as refugee problem. However, supporting people suffering oppression can create peaceful future because mostly likely they are not going to need oppress others and build a better society. People who are oppressed but not getting help might oppress others in their future, but who are getting help could be different. The power of support is wonderful. Although, I do not want to give up on people who oppress others because I believe they are not really happy even if they get something by hurting others. They might not have something they need to live as well. Therefore, still, both humanitarian and political supports are important.

形は様々あるので、支援するというのは誰でも出来ることなはずです。応援してくれている人がいるという温かい気持ちを、未来の平和を作り出すその気持ちを、より多くの人に持ってもらえるために、支援の輪も広がっていってほしい、広げていきたいと思いました。

Everybody can help or support in some way. I strongly desire that more and more people and everyone in the end have the heart to support others, which warms up others’ heart by letting them feel that they are supported, so that makes it possible to create better and more peaceful society.

パレスチナ子どものキャンペーン:
http://ccp-ngo.jp/

Campaign for Children in Palestine (CCP):
http://ccp-ngo.jp/

障害児のための孤児院 School for the Deaf & Autistic Children

障害を持つ子供たちのための孤児院、Brook Special Schoolを訪れました。ナイロビの少し北のZimmermanというところにあります。
I visited Brook School for the Deaf and Autistic Children in Zimmerman in Kenya. To my impression, it is like a special orphanage for children with disabilities.

子供たちは最初はとてもシャイだったのですが、握手をして、一緒に写真を撮ってくれました。
Children there were shy, but they shook hands with me.

567580

ここの施設には、38人の子供がいます、と案内をしてくださったのは、創設者のTimothy Liani。最年少は、捨てられていた9ヶ月の赤ちゃん、最年長が性的暴力を受けて育った20歳の女の子です。
There are 38 children. A man in the picture above is Timothy Liani, the founder of this place. The youngest child is 9 months abandoned baby and the oldest is 20 years old girl who has experienced sexual violence.

ほとんどの子供たちが、聴覚に障害があったり、自閉症児です。彼らを社会復帰させるのがここの施設の役割です。解説して6年になります。
Most of children there are deaf and/or autistic. The most important object of Brook Special School is to let children transform and integrate with society.

9人のスタッフがいて、ボランティアをしてくれる個人や、支援をしてくれる企業もあります。
There are 9 staffs but volunteer individuals and companies help the school a lot as well.

障害を「知らない」人々はまだ多いようで、社会に受け入れられているかというと、そうではありません。なので、今は「外」とつながるためにも、2つのプロジェクトをしています。
There are people who do not know disabilities, so the school is running 2 projects to connect with “outside”.

ひとつが、ごみを活用するプロジェクト。普通の人はごみにしてしまうものを役立てようというもの。もうひとつが、荒れ地になっている土地を活用して、自給自足の生活が出来るように作物を育てようという者です。他にもプロジェクトのアイディア募集中だそうです。
One is “Farm Project.” It tries to make the most of lands which are not being used and to achieve self-sustaining life. The other one is “Waste Managing Project.” They collect wastes produced by others and try to make use of them.

597

Brook Special Schoolには、今まで人間として扱われてこなかった子供たちも多いです。
上の写真は、子供たちが色や形を覚えるのに使える道具。United States International Universityが寄付してくれたものだそう。
Children in this school were not treated as human beings in their life before they came into Brook Special School.
A took in the picture above help children differentiate color and shape. USIU donated these kinds of tools.

628

彼の名前はムンギ。彼は動物と一緒に飼われるように扱われていたそう。今は素敵な笑顔を向けてくれるけれど。
Before he came to this school, he had been kept with animals.

605

ムンギは、補助の道具を使って文字を書いています。
Pencil holder help him to write.

589

鏡は子どもたちが自分自身を認識するのに役立つし、テレビは子どもたちが真似して覚えられるような映像を見せるのに使います。
Mirror help children to practice to communicate, and TV help them to learn behaviors.

590

電話のおもちゃをコミュニケーションを教えるのに使ったり、砂を認知能力を育てるのに使ったりもするそうです。
They use sand to cope with cognitive issue.

592

上の写真はろうそくを消す練習になるもの。口の使い方の練習になる。
This is “candle blow.” It helps children to learn how to use mouth.

587

この私が持っているダチョウは、ビーズとワイヤーを使って子供たちが作ったもの。細かい作業をする練習にもなるのだと思います。この施設の運営のための資金集めのために、作って売っています。私も一ついただいてきました。とてもしっかりしているので、ぎゅうぎゅうづめのスーツケースに入れても全然大丈夫でした。気になる方はぜひご連絡ください^^
They can make any kinds of animals like ostrich above out of beads and wire. They sell them and manage to run this school.

645

2人の赤ちゃん、に見えるのですが、左の子は9歳、右の子は9か月・・。二人とも障害児なのですが、見捨てられていたところをTimothyに救われました。
They look like 2 babies… but the left one is 9 years old and the right one is 9 month. They were abandoned.

619

人間として扱われてこなければ、用を足すときにトイレに行くということも知らない。子どもたちはTimothyを見るとトイレに行くそう。
Children here had not been provided a wash room, so they are learning that they go to a wash room when they do toilet. When they see Timothy, they know it is time to go to wash room.

690

このBrook Special School自体も、いいところにあるとは全然言えない。
It cannot be said that the area Brook Special School is in is a good area.

694

全ての人が人らしく生きられるように・・・
Let all persons live as a person.

道のりは長いけれど、全然絶望的じゃない。
It is a long way but it is not hopeless at all.

Brook Special School:
http://brookspecialschool.org/index.html

Facebook:
https://www.facebook.com/BrookSpecialSchool

 

予告: 砂川から学ぼう、チョイスは自分にある ~砂川闘争60周年イベントを10/11に開催~ Notice: Learn from Sunagawa: You have Your Own Choices ~Anniversary Event on 10/11, 60 Years from Sunagawa Revolt~

rephotography 312

10月11日(日)に立川市の砂川町で、砂川闘争60周年を記念してイベントが解散されます。

60th anniversary event of Sunagawa revolt is going to be held on 11th of October in Sunagawa town, the actual place of the revolt, in Tokyo.

皆様お誘い合わせの上でも、通りがかりでも、ぜひお越し下さい。
Everyone is invited and will be welcomed so please join us.

砂川闘争とは、1955年に始まった、日本で唯一市民の力によって米軍基地拡張を止めることに成功した出来事です。
Sunagawa revolt started in 1955, and it is the only case that citizens succeeded in stop the expansion of the US military base in Japan.

rephotography 329

砂川平和ひろばから見える立川米軍基地。

ひとりひとりが、戦争は良くないという思いを大切にすることによって、平和は実現していくことが出来るはずです。
If each one of you presents that wars are not good, peace should be achievable.

今回は、その砂川闘争60周年を記念して、映画祭や様々な方のお話を盛り込んだイベントを、現地砂川で開催いたします。
This time, we commemorate 60th anniversary of Sunagawa revolt and hold movie festival and talk event with local food provided.

「基地」は特定の土地にあるもので、基地をめぐっての闘争であった砂川闘争は、やはりその砂川という土地に大変ゆかりがあります。だから現地砂川から、 経験に基づいた、戦争はいけないということ、人間性の尊重について、沖縄・辺野古とも連携して、今の社会問題への提言も含めて発信していきます。
Since a “base” is literally based on a specific field, Sunagawa revolt which was against base expansion is deeply rooted to the field of Sunagawa. Therefore, there is an important meaning that this event to request real peace is held at the actual place. People who were active in Sunagawa revolt know from their actual experience that people should never commit a war. They also know the importance of respect to humanity. In this event, they are going to advocate peace and point out problems of current society with people from Henoko in Okinawa.

現地砂川にちなんで、郷土料理も振る舞われます。砂川闘争のときには、駆けつけてくれた学生達なども一緒になって、「砂川鍋」というものを食べたそうです。
Local cuisine is going to br provided as well so that visitors can feel the actual place Sunagawa more deeply. Especially Sunagawa hot pot was provided to students and people who stood up for Sunagawa revolt during the revolt.

なお、このイベントに賛同して下さる方、当日など協力して下さる方、また砂川平和ひろばをサポートして下さる方を募集しております。このイベントや砂川闘争にご興味がある方や、平和、尊重、主権在民、基地問題などに関心がおありの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
Also, Sunagawa revolt 60th anniversary committee is looking for some supporters for the event and Sunagawa Heiwa Hiroba museum. Please feel free to contact if you are interested in.

お問い合わせ先:砂川平和ひろば 042-536-3167(宮岡) または 木を植える会 042-524-9863(加藤) (またはこのブログでも大丈夫です。)

今後、砂川闘争やこのイベントについて詳しくブログで取り上げていく予定です。皆様よろしくお願い致します。お楽しみに。
I am going to report Sunagawa revolt and about this 60th anniversary event on this blog. Please look forward and thank you for your support.

rephotography 324砂川平和ひろばを運営する福島京子さん。

LBI (Little Bee International) gives the weak of the weak hope 弱者中の弱者を助けるNPO法人 LBI Japan

LBI is a NPO which specifically support women and children in a slum on Kenya.
LBIは、ケニアのスラムの人々を支援する団体です。スラムの人々の中でも、特に厳しい生活を送っている女性や子供の支援をメインに行っています。

LBI_main

They try to let women and children in Korogocho slum in Kenya be financially and mentally independent so they can live life with dignity. They aim at letting Japanese know wonderful aspects of Africans and building relationships connected by each person’s small efforts and smile.
「アフリカ・ケニアのコロゴッチョスラムの女性や子供たちに、甘 えではなく”自律”と”自立”に基づいた生きる力を育てます。 日本の皆さまにもアフリカの人々の魅力が伝わるように、一人一 人の小さな力を合わせた つながりが、笑顔で結ばれていく関係を目指します。」ーLBIホームページより

LBI_comment

As a LBI friend, they introduce my comment on their web site:
LBI Friendとして、コメントが掲載されました:
There are so many kinds of jobs. I wish people who have high profile jobs to remember that they can outstand because of others are doing what they need to make their life. Appreciating self and others for being able to be the way we are is important. I want to live life like that in the way everyone can be happy.
誰にでもできると思われる仕 事はたくさんあるけれども、 そうでない仕事をさせても らっている人々は、彼らが際 立つことが出来るのは他の 人々に大きく寄っているとい うことをずっと覚えていて頂 きたいと思います。 私たちが私たち自身でいられ ることを自分と他人全ての 人々に感謝して、みんなが幸 せに暮らしていけるように生きて行きたいと思います。

It costs only $500 for a child to go to secondary school for a year. LBI helps you to be hopeful and ambitious that you can do something as well. It is a good opportunity to think about what happiness is and what good is. I hope LBI grows more and increases the lowest level of lives.  Also, I hope LBI helps people to increase the consciousness as a global citizen and face social problems as theirs.
年間5万円で一人の子どもが、中・高の教育を受けられると教え てもらい、具体的に自分にも何が出来る、と感じさせてくれたのもLBIです。 何が幸せで何が良いのかを考えさせられる良い機会にもなると思 うので、LBIが更に発展し、ケニアのスラムでより良い生活をす る人が増えることと、世界中の人々の世界市民意識が向上するこ とを願っています。

Link to LBI:
http://www.littlebeesinternational.org/

Impressive Voices from Kigali Genocide Memorial キガリ大虐殺記念館に刻まれる、平和・公正を求める印象的なメッセージ

037

A girl called Therese whose father was a genocide committer says:

“When my dad appeared at Gacaca court, I tried to help him accept and ask for forgiveness but he didn’t. He went back to prison. I continue to visit him there.”

父親が大虐殺首謀者だったテレサという名の少女は言いました:

「私の父が裁判に現れたとき、私は父に、事実を受け入れて許しを請うように説得しようとしました。しかし父はそれを聞き入れず、また刑務所に戻って行きました。私は父を訪れ続けます。」

On the wall of the memorial:
“Genocide is likely to occur again:
Learning about it is the first step to understanding it.
Understanding it is important to respond to it.
Responding to it is essential to save lives.
Otherwise “Never again” will remain “Again and Again””
記念館の壁には、作者不明の悲劇根絶への能動的な姿勢を求める声:
「大虐殺はまた起こりそうである。
大虐殺について学ぶことが、理解への第一歩である。
理解することは、インプットしたことをアウトプットするのに重要である。
アウトプットすることは、命を救うのに不可欠な事である。
そうでなければ、「もう二度と」は「また」であり続ける。」

“All of us are Rwandans here.” -students at Nyange secondary school:
Three years later the genocide on March 18th in 1997, Hutu extremists who fled to Congo when RPF took control over Rwanda at the end of the genocide attacked a secondary school near the border with Congo. Since the Hutu extremists wanted to kill Tutsis, but students were not separated by race, so the extremists told students to tell to separate. However, students said:
“All of us are Rwandans here.”
Then, all of them were killed.
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」ーニャンゲ高校の生徒達:
大虐殺から3年後である1997年3月18日、ルワンダ愛国戦線が大虐殺の終わり頃ルワンダを制圧したときコンゴに逃れたフツ族過激派が、コンゴとルワンダの国境線付近にある高校を襲った。彼らは、ツチ族撲滅に来たのである。生徒達に、民族別に分離するよう指示した。しかし、生徒達は言った:
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」
その生徒達は殺されてしまった。

036

What is important is what we do after we get to know these facts. Learning from history and being active for betterments of current society are responsibility of modern global citizens. Only people can build society without oppression and tragedies. When you cannot see the value of something, you can create the value for better.
これらの事実を知って重要なのは、この後私達がどうするかである。歴史から学び、今日そして未来の世界がより良くなるように、学んだ事を生かし考えて行動することは、一人一人の責任である。人々は、抑圧や悲劇のない社会を作ることができる。何かの意味を見いだせない時は、その意味を作り出すことができる。

An individual Moves Government個人が政府、国を変える

image

A Kenyan faced discrimination in Singapore I reported several weeks ago wrote Kenyan embassy in Singapore about his experience at the immigration. (About his discrimination experience: https://universevoicemosaic.wordpress.com/2015/05/05/discrimination-of-singapore-toward-black-シンガポールの黒人差別/)
シンガポールで差別を受けたと感じたケニア人は、彼の入国審査でのその経験について、ケニア大使館にメールを書きました。(彼が受けた差別についてはこちらをご覧下さい: https://universevoicemosaic.wordpress.com/2015/05/05/discrimination-of-singapore-toward-black-シンガポールの黒人差別/)

Kenyan embassy wrote him back and told him that they were sorry about hid experience and they would ask Singaporean government to improve their treatment toward Kenyans.
そのケニア人のメッセージにケニア大使館は応答し、シンガポール政府にケニア人への対応を改善するよう求めると書いているそうです。

A change starts from here: speaking up.
変化はここから始まります:適切な方法で声を上げることです。

This Kenyan worked for his own problem but also contributed to Kenya and the world as well.
このケニア人は、彼の問題だけではなく、社会にも貢献したことになると思います。

I hope all people have opportunity to get to know right means to express what affects the world positively and activity use the right.
全ての人が、世間にポジティブに影響力を持つ適切な方法を知る機会を持ち、社会・世界市民の一員としてその権利を活発に活用を活用することによって、社会・世界をより良い方向に導いて下さるといいです。

Also, I hope governments and authorities value each individual and fulfill their job by making the world a better place for all individuals.
また、政府や権威が個人を尊重し、世界をより良い場所にしていくという役割を全うしていくことを願います。