南スーダンの声 Voice from South Sudan

Clashes between anti-government force and government troops have been already ceased, but still International humanitarian services have difficulties to reach there and people in South Sudan are still kind of abandoned. I received a heat-wrenching message from South Sudan expressing crisis there below:
南スーダンでの、反政府勢力と政府軍との戦闘は終わっているというものの、国際的な支援団体が現地に支援しに行くのも物資を届けるのもまだ難しい状況のようで、現地の人々は見捨てられたような状態になってしまっている。その危機的な状況を、南スーダン人が伝えてくれました:

“There is much starvation, sickness brake out and many are losing lives for lack of medication and lack of funds for treatment & feeding.
International humanitarian  service would like to find some ways to bring relief but not easy.
Personally I have not been feeding well right from the days of fighting in Juba, I tried to get some treatment but it was not easy for lack of funds and proper medical invitation facility which are not there, there were Chinese medical centers but have close down because of the fallen economy of the country and other centers have been destroyed or looted. That is why I want to go to Uganda, but if I go the question for money for treatment become out standing challenge.”
「危機的な飢餓と病気が発生していて、治療と食糧のための資金も薬もなく、多くの人が命をおとしています。国際的な人道支援団体も支援の方法を探っていますが、簡単ではないようです。
私個人としても、ジュバ(南スーダンの首都)で戦闘があった日からよく食べれてはおらず、何かしらの対処を得ようとしましたが、資金不足と医療機関も無いために、難しいです。中国人が営む医療センターがありましたが、経営難のためなくなってしまい、その他の医療センターも、破壊されたか略奪されてしまいました。だからウガンダに避難したいのですが、何にせよ治療のためのお金がないのが何よりの壁です。」

What can we do?
私たちにできることは何でしょうか?

南スーダン 徴兵制強化へ? Reinforce Military Service Program in South Sudan?

南スーダンでの反政府勢力と政府軍の間での衝突の中、頭の上を銃弾が飛び交い命からがら教会などに避難できる人々は避難したといいます。数日で停戦に至ったのは良かったですが、それでも数日かけてしまって、死者の数は270人に膨らんでしまいました。政府軍は兵役を強化するかもしれず、ウガンダなどへの避難を考えている人もいるようです。根本的な解決に向かってほしいと思います。
People in South Sudan are displaced to shelters in churches and some other places in awfully dangerous situation that bullets flying over their head in the fight between anti-government force and government troops. They reached cease-fire in a few days, but approximately 270 people died in the confusion. South Sudan government is probably going to start the military draft, and some people wish to move to neighboring countries such as Uganda. I hope they are going to try to reconcile and compromise fundamentally.

南スーダンでの衝突 ~表現の方法~ Clashes in South Sudan

私には南スーダン人の友達がいます。今南スーダンでは反政府勢力と政府軍との間で衝突が起きて、100人以上の死者が出ているそうです。私の友達も、避難したくても、危険で外に数日間まったく出れていないらしいです。南スーダンには浮浪児も多いようで、非常に心配です。欲しいものを表現するために死者が出るような武力衝突はやめてほしいという声が届くことを祈ることしかできないのが悔しくもどかしいです。
I have South Sudanese friends. There are clashes in South Sudan now because of conflict between anti-government force and government troops and more than 100 people have been killed. I really hope they stop using force and violence to express what they want.

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160710/k10010589351000.html

サイディア・フラハ Saidia Furaha

ケニアで日本人が運営する孤児院、サイディア・フラハ。
児童養護施設がメインですが、1993年から無料の幼稚園もあります。おととしからは小学校も開設しました。
サイディア・フラハは、「幸福の手助け」という意味です。

Saidia Furaha is a children’s home owned by Japanese.
Other than orphanage, it also organizes free kindergarten from 1993. 2 years ago, they opened an elementary school as well.
Saidia Furaha means “helping happiness.”
1240

会社勤めは合わないなと思い、30年ほど前にケニアの養護施設でボランティアをし始めて、今はこのサイディア・フラハを運営する荒川勝巳さん。

This is Katsumi Arakawa, one of the joint representative of Saidia Furaha. He came to Kenya and started volunteer work at different orphanage in Nairobi around 30 years ago.

1272

児童養護施設では、現在は女の子のみ受け入れていて、15人の女の子がいる。両親を亡くした子、シングルマザー家庭で育ってもう母親を亡くしてしまった子、またはシングルマザーが病気の子、スラムの子どもたちなどを受け入れている。両親がいなくても、たいていの子は探せば親戚がいるのだが、親戚がいる子は避けていると言う。親戚に暴力を振るわれているなどの報告がある子供たちは受け入れている。

Saidia Furaha orphanage accepts only girls today, and there are 15 girls now. There are children who lost parents, children raised by single mother who is sick, and children from slums. Most of children have their relatives when they we search, and Saidia Furaha tries to avoid to accept those children who have relatives. But when there is a report that his or her relative is violent to the child, they accept.

1453

上の写真の箱は、養護施設に入っているひとりひとりが持っているお道具箱。ケニアの学校ではこんなお道具箱を使うらしい。日本の小学校で使うようなお道具箱よりずっと大きい。

Children in orphanage get this box to keep their stuff. This is also the box all elementary students have in school.

1343

こちらは小学校の教室の様子。

This is a classroom of elementary school.

1344

小学校は今は3年生までしかなくて、4年生以降の校舎も建てるために、外壁になるブロックが中庭には積まれていました。

Its elementary school has classes only up to 3rd grade now, and they are trying to build classrooms for higher than 4th grade.

ケニアの公立の小学校は、クラスに100人くらい生徒がいるところもあるようで、質の良い教育を届けることと、またサイディア・フラハのプロジェクトの資金集めのために、小学校を始めました。資金集めは、いつも課題だそうです。サバンナ・クラブなどの団体や個人が支援をしている。お金の流れやシステムや制度は、全員に平等ではないから、必要があるところにそれを流せる人間になりたい。

Some elementary schools in Kenya have 100 students in a classroom. Therefore, Saidia Furaha started elementary school to deliver quality education, and also to raise a fund. Finance management is always their challenge. Some organizations such as Savannah Club and individuals support Saidia Furaha. Flow of money and systems are not always fair to all people, so things need to be sent to where in need manually, sometimes.

1416

生徒が書いた絵が貼ってある。特徴的なのは、絵を描くのに種を使っていること。ケニアではこれは普通らしい。

Children use seeds to draw. It is common in Kenya.

1516

自主的に掃除をしている子供たち!!!左の子が持っているのはほうき。右の子はぞうきんで床を拭いている。

These children are actively cleaning the place!!! Impressive. The child wearing a red shirt has a broom, and the child sitting down is wiping the floor.

1729

教室に囲まれた中庭には遊具が設置されている。すべり台、シーソー、ブランコ。

There are playground equipment such as slide, swing, and seesaw.

1431

自立支援のために裁縫教室も運営していて、上の写真はミシンの機械の土台部分。外からの侵入者に盗まれてしまうから、上の部分はもっと安全なところに保管する。

Saidia Furaha also runs sewing class as self-reliance support. Desks with a hole in the picture above are the base of sewing machines. Sometimes strangers come and steel machine parts, so they save them in safer place.

1506

裁縫教室の生徒たちは、ケニアの美しいキコイという布で、タオル、ズボンなどの洋服、ポーチ、髪飾り、エプロンなどを作ります。ハイクオリティでリーズナブル、ご興味のある方は、ぜひサイディア・フラハの荒川さんにお問い合わせください!

Students of sewing class produce towels, clothes such as pants, apron, pouch, hair accessories and so on, out of Kenyan beautiful cloth called Kikoy. They are high quality and reasonable! If there is anyone interested, please contact Mr. Arakawa.

1346

以前ボランティアで井戸を掘ってくれた団体があるようで、水には困っていないようでした。水は、写真の奥のほうに見える窓から外部にも販売していますが、20リットルでたったの3 ksh、たったの3.5円くらいです!!普通にペットボトルに入った水をスーパーなどで買うと、とてもそんな安くはないです。

A volunteer group dug a well. They sell water from the window behind the well in the picture to people outside and they charge 3 ksh, about 2.5 cents for 20 liters. Bottled water in supermarkets are not this much cheap.

1427

こちらはサイディア・フラハの中で一番きれいな?トイレっぽいトイレ。それでも水は流れないので、自分でバケツから水を流します。シャワーは無いので、お風呂といえば行水です。

This is the cleanest toilet in Saidia Furaha. But it is not a flush toilet, so people need to put water by themselves after use. There is no shower, so people do tub-bathing.

1738

夕食の様子。この日の夜ご飯は、日清食品からいただいたインスタントラーメンでした。具は、少しだけお肉が入っているだけ。

Dinner. This day’s dinner was instant noodle which was donated by Nisshin Foods Holdings.

242

幸福の手助け・・・真の幸福は、みんなが幸せになった時にしか、得られないのかもしれない。

Helping happiness… probably people cannot attain real happiness leaving others.

ルワンダ報告会~私が見たルワンダ~ Report Presentation on Rwanda ~What I saw in Rwanda~

ルワンダ(ケニアもおまけで)報告会を、2月13日(土)13:30~、国分寺駅から歩いて5分の国分寺労政会館でします。
ご興味、お時間ある方は、ぜひいらしてください^^
I am going to have a presentation on what I saw in Rwanda (and Kenya) on next Saturday, February 13th, from 13:30 at Kokubunji Rosei Kaikan, 5 minutes from Kokubunji station. Everybody is welcome so please come if you are interested:)

コロゴッチョスラム Korogocho Slum

ケニア ナイロビのダウンタウンからバスを乗り継ぎ10km強行ったところにある、コロゴッチョスラム。
Korogocho Slum is about 10 km away from Nairobi town.

コロゴッチョスラムはナイロビの中でも最大のスラムのひとつといわれていて、20万人ほどが暮らしている。
Korogocho is one of the largest slums in Nairobi. Around 200,000 people live there.

案内してくださったのは、このコロゴッチョスラムで学校の運営など、Little Bee InternationalというNPO法人を立ち上げて活動されている高橋郷さん。スラムと、そこでの人々が自立してより良い生活をしていけることを目的とした支援活動を紹介していただきました。
Mr. Takahashi, who owns an NPO called Little Bee International, guided me in Korogocho. LBI runs a school in Korogocho and has some self-reliance support projects in the slum.

スラムにも入り口があって、そこまでスラムに住んでいる高橋さんのお友達のケニア人が迎えに来てくれる。日本人は目立つし、安全とは言えないようで、あんまり写真は撮れませんでした。
There was a clear entrance of the slum, and two friends of Mr. Takahashi came to pick us up to protect us just in case. Especially Japanese stand out in slum. I refrained from taking pictures.

901

建物はほとんどバラック。ここは学校なのだけれど、見た目では全然分からない。私が訪れたのは元旦だったので、学校はお休み。
Buildings in slum are poorly built with galvanized iron plates, stones, and mad. This is school, but it cannot be distinguished so from outside. I visited here on January 1st, so the school was close.

コロゴッチョスラムには7つの村があって、ひとつの村に入ってしまうと道は細く迷路のようです。
There are seven villages in Korogocho slum. Once entered a village, paths are narrow and it is like a maze.

900

スラムでの人々の生活は非常に貧しく、雇用の機会もあまりありません。自分の身を売るしか生活を立てていく手段が見出せない人も多く、HIV感染者も多くいます。なので人々は自分たちで事業を立ち上げる必要があるのですが、それも簡単ではありません。LBIはその支援をしています。今LBIが注力しているのは女性の自立支援で、スキルを身に付けてもらって、自分のスキルを使って自立してよりよい生活を目指します。上の写真がその例で、女性たちに裁縫のスキルを身に付けてもらって、女性たちはかばんを作り、それを売って生計を立てます。この自立プロジェクトのリーダーであるフローレンスという女性は、女性たちを集め、プロジェクトを自分たちで進めます。バッグの販売先も自分たちで見つけてきます。日本にも、ここの女性たちがカンガという美しい布で作ったバッグを高橋さんが持ってきていますので、興味がある方はどうぞご連絡ください。
Life in slum is desperately poor. There is almost no chance of employment. Many people have no other choice but to sell themselves to sustain their lives, and consequently there are many HIV-infected people. Ideally, they should start business on their own, but it is not easy. Here, LBI provides support. LBI supports especially women to be financially independent. Women learn sewing and tailoring, and obtain skills. They make bags and sell and earn money by themselves. Today, there is a Kenyan leader of this project, whose name is Florence. She gathers women in the slum and organizes the project by herself. She finds places for selling bags by herself too. Mr. Takahashi just helps them a bit today bringing some bags to Japan to sell. The bags are made of beautiful cloth called Kanga. Let me know or Mr. Takahashi if there is anyone interested in!

913

今高橋さんが運営する学校に通う子供たちは400人ほど。最近新しい教室を買ったそう。それが上の写真。
There are about 400 students in the school Mr. Takahashi started. Recently they purchased a new classroom, in the picture above.

928

ここはナイロビ川。ケニアにはごみの収集システムがない。だから、ごみ山のようなところにごみは集められるか、このように川に捨てられたりする。個人でごみを収集してくれる業者を雇わない限り、ごみの処理は自分でしなければならない。ごみの収集業者と言ったって、全部が焼却炉できちんと燃やすわけでもなく、川やごみ山に持って行って変わりに捨ててくるという業者だってある。それでこのナイロビ川はごみだらけ。下の写真の左の木の横に小さな山が見えると思うのですが、それはごみで出来た山です。ケニアの政治は腐敗しているとも言われていて、自分のことしか本当は考えていない政治家ばかりだというケニア人は多い。このようにスラムは見捨てられているが、とても見捨てられるような、見捨てることが許されるような状況ではない。
This is Nairobi River. Kenya dose not have waste managing system. Therefore people dump to rivers or garbage mountains. Unless people individually hire waste collecting agent, they have to get rid of waste by themselves. Not all waste collecting agents have refuse incinerator. Some of them just go to river or garbage mountain on behalf of their clients. So, this Nairobi River is full of trash. There is a mountain in the picture below right next to a tree on the left side. That mountain is made of garbage. Politics in Kenya is often said to be corrupted, and most of Kenyans say politicians are self-centered and care about only themselves. Slums are abandoned like this by the government, but it is not a situation that can be abandoned, or it is not excusable situation to abandon.

930

それでも、ここにいる人々はタフに生きている。
Although, people in Korogocho slum are very tough.

970

衛生的には◎とは言えないところでチャパティを作る。子供たちは狭いところで遊んでいる。生活が苦しくて笑うことを忘れてしまっている人々もスラムにはいますが、それでも日本人よりもずっと生きる術を知っている。私が見たのはスラムのたった一面だけれど、心がずっと豊かな素敵な人たちにも出会いました。
It is probably sanitary fine to cook chapati here, here is their kitchen for chapati. Children play in a small space of narrow street. There are some people who lost their smile because of hardships in slum life, but they know how to live, much more than people in so called developed countries. It was just a part of a slum I saw, but I met people who are rich in spirit here.

989

ケニアで食べたケニア料理の中で、ここコロゴッチョスラムでいただいたチャパティが一番美味しかったです。
Chapati I ate in this Korogocho slum was the best Kenyan food I had in Kenya.

 

LBI:
http://www.littlebeesinternational.org/
(コロゴッチョスラムについても紹介されています。)

障害児のための孤児院 School for the Deaf & Autistic Children

障害を持つ子供たちのための孤児院、Brook Special Schoolを訪れました。ナイロビの少し北のZimmermanというところにあります。
I visited Brook School for the Deaf and Autistic Children in Zimmerman in Kenya. To my impression, it is like a special orphanage for children with disabilities.

子供たちは最初はとてもシャイだったのですが、握手をして、一緒に写真を撮ってくれました。
Children there were shy, but they shook hands with me.

567580

ここの施設には、38人の子供がいます、と案内をしてくださったのは、創設者のTimothy Liani。最年少は、捨てられていた9ヶ月の赤ちゃん、最年長が性的暴力を受けて育った20歳の女の子です。
There are 38 children. A man in the picture above is Timothy Liani, the founder of this place. The youngest child is 9 months abandoned baby and the oldest is 20 years old girl who has experienced sexual violence.

ほとんどの子供たちが、聴覚に障害があったり、自閉症児です。彼らを社会復帰させるのがここの施設の役割です。解説して6年になります。
Most of children there are deaf and/or autistic. The most important object of Brook Special School is to let children transform and integrate with society.

9人のスタッフがいて、ボランティアをしてくれる個人や、支援をしてくれる企業もあります。
There are 9 staffs but volunteer individuals and companies help the school a lot as well.

障害を「知らない」人々はまだ多いようで、社会に受け入れられているかというと、そうではありません。なので、今は「外」とつながるためにも、2つのプロジェクトをしています。
There are people who do not know disabilities, so the school is running 2 projects to connect with “outside”.

ひとつが、ごみを活用するプロジェクト。普通の人はごみにしてしまうものを役立てようというもの。もうひとつが、荒れ地になっている土地を活用して、自給自足の生活が出来るように作物を育てようという者です。他にもプロジェクトのアイディア募集中だそうです。
One is “Farm Project.” It tries to make the most of lands which are not being used and to achieve self-sustaining life. The other one is “Waste Managing Project.” They collect wastes produced by others and try to make use of them.

597

Brook Special Schoolには、今まで人間として扱われてこなかった子供たちも多いです。
上の写真は、子供たちが色や形を覚えるのに使える道具。United States International Universityが寄付してくれたものだそう。
Children in this school were not treated as human beings in their life before they came into Brook Special School.
A took in the picture above help children differentiate color and shape. USIU donated these kinds of tools.

628

彼の名前はムンギ。彼は動物と一緒に飼われるように扱われていたそう。今は素敵な笑顔を向けてくれるけれど。
Before he came to this school, he had been kept with animals.

605

ムンギは、補助の道具を使って文字を書いています。
Pencil holder help him to write.

589

鏡は子どもたちが自分自身を認識するのに役立つし、テレビは子どもたちが真似して覚えられるような映像を見せるのに使います。
Mirror help children to practice to communicate, and TV help them to learn behaviors.

590

電話のおもちゃをコミュニケーションを教えるのに使ったり、砂を認知能力を育てるのに使ったりもするそうです。
They use sand to cope with cognitive issue.

592

上の写真はろうそくを消す練習になるもの。口の使い方の練習になる。
This is “candle blow.” It helps children to learn how to use mouth.

587

この私が持っているダチョウは、ビーズとワイヤーを使って子供たちが作ったもの。細かい作業をする練習にもなるのだと思います。この施設の運営のための資金集めのために、作って売っています。私も一ついただいてきました。とてもしっかりしているので、ぎゅうぎゅうづめのスーツケースに入れても全然大丈夫でした。気になる方はぜひご連絡ください^^
They can make any kinds of animals like ostrich above out of beads and wire. They sell them and manage to run this school.

645

2人の赤ちゃん、に見えるのですが、左の子は9歳、右の子は9か月・・。二人とも障害児なのですが、見捨てられていたところをTimothyに救われました。
They look like 2 babies… but the left one is 9 years old and the right one is 9 month. They were abandoned.

619

人間として扱われてこなければ、用を足すときにトイレに行くということも知らない。子どもたちはTimothyを見るとトイレに行くそう。
Children here had not been provided a wash room, so they are learning that they go to a wash room when they do toilet. When they see Timothy, they know it is time to go to wash room.

690

このBrook Special School自体も、いいところにあるとは全然言えない。
It cannot be said that the area Brook Special School is in is a good area.

694

全ての人が人らしく生きられるように・・・
Let all persons live as a person.

道のりは長いけれど、全然絶望的じゃない。
It is a long way but it is not hopeless at all.

Brook Special School:
http://brookspecialschool.org/index.html

Facebook:
https://www.facebook.com/BrookSpecialSchool

 

Lake Victoria ビクトリア湖

人類?発祥の地と聞いていたビクトリア湖へ・・。人間のあるべき姿、何かヒントが見えてくるかしら。
I am on the Lake Victoria! searching the answer to a question: How human beings should be…?

356

337

359

広すぎて、湖と空の境目が見えない。
I cannot see the border between the lake and the sky…

360339

カバに出会う!
Hippopotamus!

382

385

They hide and appear…
隠れては現れ・・401

415

マングローブ。
Mangrove. 414
くちばしがとがっていて、つついて牛を殺してしまう鳥もいるらしい。
There are birds which kill cows be pecking…

422
He is fishing setting a net.
網をしかけて魚を獲る。430

漁村。
Fishing village.

302

たくさん水草のようなものが見えていますが、これが異常に繁殖してしまっていて、それが今の大きな問題だという。水草を食べてくれるような動物を連れてくるなど、生物学的な解決を試みる予定だそう。

There are a lot of seaweed and they are breeding too much in the lake. Kenya is going to try a biological way such as bringing its predators to solve this problem.

315

湖の水は波打ち際でも全然きれいではない。。
The water is not clean or clear…

328
This is not a rising sun!
これは夕焼けです笑。

338

人間が自然に勝つようなことは、私は出来ないと思うし、する必要もないと思う。それよりも、未知の進化を迎えられるように、せめて人間同士では、知らないから違うからと言って嫌ったりしないで、助け合って暮らしたいものだ。

In my opinion, human beings cannot control nature completely nor there is no need to do that. I prefer that human beings support at least other human beings, do not hate because you don’t know or they are different, so that we can welcome unknown human evolution.

Lake Nakuru National Park ナクル湖国立公園

Enter at your own risk… There was a warning at the entrance.

自己責任で入園してください・・という入口の警告が印象的でした。

I saw a lot of zebras, monkeys, gazelles, buffalo, pelicans, rhinoceroses, wild boars, beautiful birds, and a few lions… and others I don’t even know their names.
たくさんのしまうまや、さる、ガゼル、水牛、ペリカン、サイ、いのしし、いろんな鳥やライオン、そして名前も知らない動物たちに出会いました。

I respect them so much because they do not hunt or eat more than they need.
必要以上に狩りをしたり蓄えたりしない彼らを私はとても尊敬しています。

ケニアから帰国 Came back from Kenya!

387

I came back to Japan safely!!
無事に日本に帰ってきました~!

I had 3 goals and I think I did all what I could in Kenya!
3つ目的がありましたが、全部可能な限りしてこれたと思います。

1、人類発祥の地と言われているビクトリア湖の辺りに行って、人間のあるべき姿について考えてくること、
→答えはまだ見つかっていないかもしれませんが、ビクトリア湖に行ってきました。でも、ケニア人曰く、人類発祥の地はタカナ湖らしいので、もっとまずはリサーチします。
1. Think about how human being should be by visiting the lake Victoria area
→I went to the lake Victoria and still am thinking. But some Kenyans told me that I should go to the lake Takana.

2、孤児院やスラムに行って、私が出来ることをしてくること、そこにある大切な声をより多くの人々に伝えること、
→孤児院にもスラムにも行ってきました。後程詳しく投稿します。
2. Do what I can do in orphanages and slums and communicate important voices from there to as many people as possible
→I went to both orphanages and slum and I will report on them in detail later!

3、人や自然との繋がりを大切にすること、
→大事な人たちや偉大な自然と触れ合ってその大切さを再認識できたと思います!
3. Treasure relationships with people and nature
→I met very important friends and people and saw great nature. I will treasure them!

お世話になった方々には本当に感謝しています。
I really appreciate people who took great care of me in Kenya.

もっとたくさんの写真と私が見てきたものについてこれからシェアしていきます!
I will share what I saw in Kenya later with more pictures!