Impressive Voices from Kigali Genocide Memorial キガリ大虐殺記念館に刻まれる、平和・公正を求める印象的なメッセージ

037

A girl called Therese whose father was a genocide committer says:

“When my dad appeared at Gacaca court, I tried to help him accept and ask for forgiveness but he didn’t. He went back to prison. I continue to visit him there.”

父親が大虐殺首謀者だったテレサという名の少女は言いました:

「私の父が裁判に現れたとき、私は父に、事実を受け入れて許しを請うように説得しようとしました。しかし父はそれを聞き入れず、また刑務所に戻って行きました。私は父を訪れ続けます。」

On the wall of the memorial:
“Genocide is likely to occur again:
Learning about it is the first step to understanding it.
Understanding it is important to respond to it.
Responding to it is essential to save lives.
Otherwise “Never again” will remain “Again and Again””
記念館の壁には、作者不明の悲劇根絶への能動的な姿勢を求める声:
「大虐殺はまた起こりそうである。
大虐殺について学ぶことが、理解への第一歩である。
理解することは、インプットしたことをアウトプットするのに重要である。
アウトプットすることは、命を救うのに不可欠な事である。
そうでなければ、「もう二度と」は「また」であり続ける。」

“All of us are Rwandans here.” -students at Nyange secondary school:
Three years later the genocide on March 18th in 1997, Hutu extremists who fled to Congo when RPF took control over Rwanda at the end of the genocide attacked a secondary school near the border with Congo. Since the Hutu extremists wanted to kill Tutsis, but students were not separated by race, so the extremists told students to tell to separate. However, students said:
“All of us are Rwandans here.”
Then, all of them were killed.
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」ーニャンゲ高校の生徒達:
大虐殺から3年後である1997年3月18日、ルワンダ愛国戦線が大虐殺の終わり頃ルワンダを制圧したときコンゴに逃れたフツ族過激派が、コンゴとルワンダの国境線付近にある高校を襲った。彼らは、ツチ族撲滅に来たのである。生徒達に、民族別に分離するよう指示した。しかし、生徒達は言った:
「ここにいる全員が「ルワンダ人」です。」
その生徒達は殺されてしまった。

036

What is important is what we do after we get to know these facts. Learning from history and being active for betterments of current society are responsibility of modern global citizens. Only people can build society without oppression and tragedies. When you cannot see the value of something, you can create the value for better.
これらの事実を知って重要なのは、この後私達がどうするかである。歴史から学び、今日そして未来の世界がより良くなるように、学んだ事を生かし考えて行動することは、一人一人の責任である。人々は、抑圧や悲劇のない社会を作ることができる。何かの意味を見いだせない時は、その意味を作り出すことができる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s