A Survivor of Genocide: Charles Habonimana 大虐殺生残者:チャールズ・ハボニマナさん

097

Mass killings happened several times especially in 1955, 1963, and 1973 before the genocide in 1994. Many of Charles’ relative exiled to neighboring countries such as Uganda. Charles stayed in Rwanda with his family, but most of his family was killed by his neighbors in the genocide in 1994. He was12 years old at that time.
1994年に大虐殺が起きる前にも、1955, 1963, 1973年などにもフツ族によるツチ族大量殺人が実行されていました。チャールズの一族の多くはウガンダなどの隣国に非難しましたが、チャールズは1994年の大虐殺当時12歳、家族と共にルワンダに残っていました。

He have thought he was dead several times in his life. When his Hutu extremist neighbor came to kill Tutsis, his family, he was also hit his head by club. His father was murdered with traditional arms.
彼は人生で何度も死んだ思いをしたと言います。彼の家族は近所の人に殺されました。民族が違うということだけで、メディアによって洗脳されてしまった知り合いに殺されました。彼は頭を棍棒で殴られ、死んだと思ったそうです。彼の父親も、その時棍棒などの伝統的な武器によって殺されてしまいました。

When his mother was taken away, he was beaten up to the point that he was thought to be dead. He never saw his mother.
彼の母親は連れ去られ、その時彼は死んだと思う程叩かれたそうです。

He was serving Hutu as a slave when RPF came from Uganda to stop the genocide by extremist Hutu in July. Charles was taken to exile from Rwanda with Hutu because he was thought that he was going to speak out.
ルワンダ愛国戦線が1994年の7月にウガンダからルワンダに大虐殺を止めるために侵攻してきたとき、チャールズはフツ族の奴隷になっていました。フツ族の人々がルワンダから逃げるのに一緒に連れて行かれたそうです。

On the exile with Hutus, they met a former soldier of Habyarimana’s government (Hutu government until the genocide). The soldier called him snake scornfully and took Charles to forest. Charles thought he was going to be killed, so he decided to run away.
逃げる道すがら、ルワンダ元大統領であるハビャリマナ(フツ族)の兵士に遭遇しました。その兵士はツチ族であるチャールズを軽蔑して「ヘビ」と呼び(ツチ族の人は、洗脳のためヘビやゴキブリと呼ばれていました。)、森に連れて行ったそうです。チャールズは殺されると思い、走り逃げることを決心しました。

He just ran but not straight. He ran zigzag. The soldier was trying to shoot him. Then, he hid in a bush. He stayed in the bush until RPF found him. Charles thinks “if he really was not dead, he will never die.”
彼は遂に走り出しましたが、ジグザグに走りました。兵士が彼を射撃しようとしていたためです。彼はその後草村に身を隠しました。ルワンダ愛国戦線に見つけられるまでそこにいたといいます。チャールズは「その時死ななかったのなら一生死なないと思う」と言いました。

He was taken to an orphanage and grew up to be a politician, and also to be the head of an organization to support post-students who are survivors of the genocide, GAERG. He said he would never escape from out cause, the genocide.
彼は孤児院に預けられ、成長し、今は新しい政府のために働いています。GAERGという、以前記事に書いたAERGという大虐殺生残者である学生支援団体の兄弟団体の会長でもあります。彼は、全ての根元、大虐殺から決して逃れないと言いました。

A report will be continued on GAERG and his current view and life.
GAERG、彼の今の生活と考えについての記事が続きます。

Article about AERG (AERGについての記事はこちら):

https://universevoicemosaic.wordpress.com/2015/04/20/aerg-association-of-student-survivors-of-genocide-大虐殺学生生残者協会/

3 thoughts on “A Survivor of Genocide: Charles Habonimana 大虐殺生残者:チャールズ・ハボニマナさん

  1. 彼が育てられた孤児院というのは、善意の個人が運営しているのですか、それとも国の支援などがあるのですか。
    また、相談をして、法的に対策して貰える(奪われた土地などの権利返還など)といった「法律」も機能しているのですか。
    つまり、ルワンダの「今」は、政府は機能しているのですか。

    Like

    1. 返事が遅れてごめんなさい。国の支援があって成り立っている孤児院がたくさんあります。政府は「とても」と言っていいほど機能しています。とても強力です。大虐殺をとめたルワンダ愛国戦線という政党が国を率いていて、法律から教育から宗教から、支配的な面も見えてきそうですが、すごいリーダーシップを発揮しています。土地返還などの法律もきちんと機能しているそうです。

      Liked by 1 person

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s