Dear Readers 読者の皆さんへ

006

Thank you so much for reading my reports.

いつも私のレポートを読んでくださりありがとうございます。

I am sorry but my report will be weekly from May. There are still a lot remaining to share with you from my interviews and experiences not only in Rwanda and other parts of the world. However, I am going to start working full-time at different field from tomorrow, May 1st, so I assume I will not be able to post a report everyday. I hope I can make this, reporting something valuable to make the world a better place in positively effective way, a full-time job in the future! I will appreciate any idea or advice for that from you.

残念ながら5月から投稿が週1になると思います。

ルワンダでのリサーチからも、世界の他の場所で見聞きしてきたことからも皆さんとシェアすべきことはまだまだたくさんありますが、

これから違うフィールドでフルタイムで働くため、頻繁に投稿することが難しくなると思われます。

将来は、一人一人が世界をみんなにとってより良い場所にしていきたくなるような投稿を毎日書けるような仕事に就けたらいいです。

アドバイスやアイディアがありましたら感謝します。

I wish you a wonderful week. I will try to keep posting every weekend.

素敵な一週間をお過ごしください。

ゴールデンウィーク中は投稿できるかもしれませんが、これからは週末をメインに投稿すると思います。

6 thoughts on “Dear Readers 読者の皆さんへ

  1. Dear author,

    Thank your for sharing those important matters in your reports, which otherwise would stay hidden from our eyes. I think what you are doing is very beneficial to society and indeed sets the basis for making the world a better place in the future. You have given people voices and made books for stories that needed to be read.

    I am looking forward to carefully reading new reports from you, even if they come less frequently.

    Wishing you success in your new job,

    Kai

    作家

    このレポートをよく共有して頂いてありがとうございます。こちらで読める内容は社会の向上に大事なことだと思う。

    もう今から新しいレポートをちゃんと読むのは楽しみです。

    カイ

    Like

    1. Thank you so much Kai for saying so and sharing your thoughts on my reports here. You even write in both Japanese and English as well:) I really appreciate that you read. I really appreciate my wonderful readers. Thank you, I will keep trying hard!
      I always wish you best as well.

      Like

  2. ルワンダのツチ族とフツ族をラジオ放送で先導して対立させた「首謀者」たちは、裁判に掛けられて、数年前に判決が出たと聞いていましたが、その辺りは、今はどうなっているのでしょうか。
    ルワンダとは直接関係ないですが、ウガンダの「Kony2012」がウガンダの人々自身から拒絶された事について、現地の人々は本当はどう語っているのか、ご存知でしたら知りたいです:D

    Like

    1. 死刑判決が出ている人もいますが、改心する意思のある人はそれが受け入れられるケースが多いと聞きます。本当に反省して、直接自分が罪を犯した人々に謝罪し社会貢献するケースも多いようですが、警戒もまだ強いです。まだ裁判は続いているようです。
      ひとつ印象に残っている、父親が首謀者だった少女の証言を紹介します:
      「私の父が裁判に現れたとき、私は父に、事実を受け入れて許しを請うように説得しようとしました。しかし父はそれを聞き入れず、また刑務所に戻って行きました。私は父を訪れ続けます。」

      Kony 2012については聞いてみます!

      Liked by 1 person

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s