Survivor of the Genocide: Anastaria Mukakibgo ルワンダ大虐殺で生き残った人 アナスタリア・ムカキブゴさん  

054大虐殺が実行されているとき、彼女は夫と子供たちと一緒に教会に避難していました。

During the genocide in 1994, she escaped to a church with her husband and children.

彼女は殺された人々の遺体の下敷きになって、大虐殺実行犯には見つからず生き残りましたが、彼女の家族はみな殺されてしまいました。

She was under dead bodies, so she was not found by the killers and survived, but all other her family members were killed.

実行犯が教会を去った後、彼女は教会を出て、近くの林に身を隠していたと言います。

After killers left, she hid herself in forest.

しかし、食べるもの着るものがほとんどなく、また家族を失って一人になってしまった絶望から、殺されることを願ったと言います。

She wished to be killed because the life was so tough alone without something to eat or wear.

正確にどれくらいの時間が経ったかは分かりませんが、数日か数週間かどうにか生き延びて、

ルワンダ愛国戦線が彼女を見つけて避難キャンプに連れていきました。

She cannot remember how long it took, but she was taken to a camp by RPF soldiers when they found her.

直接的な理由は分からないそうですが、大虐殺の中、目がほとんど見えなくなってしまったそうです。

She lost her eye sight during the genocide.

大虐殺が落ち着いて、家に戻った時、彼女の家は焼かれていました。

When she went back her house, she found her house was burned.

隣人に助けられ、今まで生き延びていると言います。

Thanks to neighbors’ support, she manages to live until today.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s