祈り -自分への誓い- Prayer -Vow to Yourself-

IMG_1394

宗教には悲観的だったけれど、祈りについて考えてみた。神頼みしたお願い、神頼みしっぱなしで自分では頑張らないということはあるだろうか。ほとんどないのではないかなと思う。頑張っていることがどうにか成功しますようにと祈ることが多いのではないだろうか。逆に、自分が努力していないことなんて、意識もしていないから思いつきさえ、祈りさえしない。だから、今まで頑張ってきたことでなくても、祈るときに意識することができたら、それからは意識するようになったり力や時間を少し割くようになっていったりして、それからの生活を変えられるかもしれない。それまで祈る機会があったら、その前に時間をとって考えてみるといいかもしれない。今まで頑張ってきたことでなくても、大事なことだったけれどないがしろにしてきたことはないか。
私は今まで、神様に祈ったって仕方ないと思っていたりしたので、とりあえず世界平和とか、自分の力だけではどうしようもならなさそうなことの祈願をしていたが、自分のことに関することの祈願の有用性に気付き、自分の生活を振り返ってみた。
例えば、健康。今まで私は自身の体の健康なんてほとんど気をつけてこなかった。今まで意識してこなかったことなんて、気付けてもそれからどのように気をつけていけばいいのかと思ってしまうけれど、まず祈りという機会によって自分に誓うところから始めてみようと思う。
逆に、祈りは自分への意識付けになってしまうから、祈る内容はきちんと自分で吟味する必要があるはずだ。
Prayer is a vow to yourself. So you need to be careful and consider what you pray very well. Your words become your behavior. So you really should not just follow others’ prayer, even if that is a pastor’s, your parents’, or rulers’.

人生は短いって言うけれど・・ It’s said that Life is Short but..

人生は短いって言うけどさ、
人生は短いっていうより、
人生って「今」とか「数時間」とか「1日」とか「3年」とか「50年」とかの集まりでさ、こういう、人生を構成しているいろんな時間を、大切な人を大切にしたり、大切な人と楽しく過ごしたり、ただ一緒にいたり、とか、そんなふうにできたらいいんだろうね。

It is said that “Life is Short,”
but I guess it is more like
Life is a collection of “now,” “a few hours,” “a day,” “3 years,” “50 years,” and so on

So, life becomes beautiful
if we treasure someone important to you,
if we have fun with them,
and if we just be with them
for instance
on those various times, components of life

Time 時間

失って初めて気づくなんて言うけれど、気づく時間を取らないから、失って初めて気づくんだね。

だから、大切なものに気づいて、それを大切にする時間をとるって、何よりも大切。

people say they realize something when they loose something, but that’s because they don’t take time to realize.

So, it is really really REALLY IMPORTANT TO SPEND TIME TO know whats important and treasure those important things.

質の良い教育 Quality Education

white-pigeon

What is quality education? And how can we make that happen in reality?
質の良い教育とは何か、それを実現していくにはどうしたらいいか。(日本語は下)

I was not confident until today, but in my opinion, which I confirmed that I was not wrong at all according to some authorities in peace building field, quality education is to develop not only life saving skills such as reading, writing, and basic calculation, but also to develop the ability to put oneself in others’ place.

Today, there are people who start wars and conflicts even with completion of higher education. Not to allow such tragedy happens, I suggest to set the first goal to become able to provide all children primary education including peace studies role playing. After that, IT can play a significant role to make further education available for more people. On a personal level, I can use my IT skills and knowledge about IT field to contribute to spread higher education.

In reality, I suppose it is better to approach and appeal to simply people with money to fund this project. I learned from actually working for a company full time that companies have their own goal of social contribution. I am still searching ways to do it, but I believe IT can help here as well.

This is a huge but significant project. I would like to find which part I can be the most useful.

質の良い教育とは、読み書き計算など基本的なlife saving skillに加えて、他人の立場に立てる能力を育むものだと思う。

今まで、あまり自信もないし、同じような考えを持った人に出会ってこなかったため、公でなかなかこう発言できないでいたが、国際協力分野で権威のある方も似たような発言をされていて、これは確信に変わり、発言していくことの大切さを学んだ。

高等教育を受けていても欲で戦争や紛争を起こす人はたくさんいる。そうならないように、平和学のロールプレイなどを含んだ初等教育を全員がまず受けられるようにすることをまず目標として、中高等教育には現職のIT教育、技術の活用も出来る。

資金の問題は、ビジョナリー・カンパニーやドラッカーも言っているように、企業はそれぞれの社会貢献の目的があって存在しているので、企業に頼るべきではなく、単純にお金のある人にアピール、アプローチするよう努めるべきだと思う。
この流れで私には何が一番合っているか見極めていきたい。

ミリキタニの猫 The Cats of Mirikitani

shot-20160911-2837-tbs7h3

http://nekonomirikitani.com/

第二次世界大戦時のアメリカの日本人強制収容所に収容させられた日系アメリカ人アーティストが、アメリカで生涯かけて絵を通して世界平和を訴える。
A Japanese American artist Tsutomu Mirikitani, who were put into an internment camp for Japanese Americans in America during WWII, promotes peace through his drawings throughout his life in America.
9月15日まで、渋谷ユーロスペースでは上映中です。
Eurospace in Shibuya screens the film by September 15th.
DVD is also available.

南スーダンの声 Voice from South Sudan

Clashes between anti-government force and government troops have been already ceased, but still International humanitarian services have difficulties to reach there and people in South Sudan are still kind of abandoned. I received a heat-wrenching message from South Sudan expressing crisis there below:
南スーダンでの、反政府勢力と政府軍との戦闘は終わっているというものの、国際的な支援団体が現地に支援しに行くのも物資を届けるのもまだ難しい状況のようで、現地の人々は見捨てられたような状態になってしまっている。その危機的な状況を、南スーダン人が伝えてくれました:

“There is much starvation, sickness brake out and many are losing lives for lack of medication and lack of funds for treatment & feeding.
International humanitarian  service would like to find some ways to bring relief but not easy.
Personally I have not been feeding well right from the days of fighting in Juba, I tried to get some treatment but it was not easy for lack of funds and proper medical invitation facility which are not there, there were Chinese medical centers but have close down because of the fallen economy of the country and other centers have been destroyed or looted. That is why I want to go to Uganda, but if I go the question for money for treatment become out standing challenge.”
「危機的な飢餓と病気が発生していて、治療と食糧のための資金も薬もなく、多くの人が命をおとしています。国際的な人道支援団体も支援の方法を探っていますが、簡単ではないようです。
私個人としても、ジュバ(南スーダンの首都)で戦闘があった日からよく食べれてはおらず、何かしらの対処を得ようとしましたが、資金不足と医療機関も無いために、難しいです。中国人が営む医療センターがありましたが、経営難のためなくなってしまい、その他の医療センターも、破壊されたか略奪されてしまいました。だからウガンダに避難したいのですが、何にせよ治療のためのお金がないのが何よりの壁です。」

What can we do?
私たちにできることは何でしょうか?